気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 21日

世界の絶景100選・・・タラナキ山

昨日放送されていた「世界の絶景100選」という番組で、いくつかニュージーランドの景色が紹介されていました。

一つはミルフォードトラックで、以前の番組で放送されておりその時に記事を書いています。
もう一つは90マイルビーチ、そして番組冒頭に出たのがMt.Taranaki(タラナキ山)でした。

いずれの場所も訪れた事があるので、今回はMt.Taranakiについてちょっと書いてみようと思います。

北島の南西に位置するMt.Taranaki(英名:Mt.Egmont、標高2,518m)は、富士山に良く似た円錐状の美しい独立峰。
その容姿から映画ラストサムライのロケ地としても使われ、あの映画で出てくる富士山はこの山を少しCG処理した物だと聞いたことがあります。

この山は海に突き出るような場所に位置するためか天候が非常に変わりやすく、年間降水量が6,500mm~8,000mmと非常に多い場所です。(東京の年間降水量は、約1,500mm)

番組では女優の加藤ローサさんがガイドと一緒に登頂し、頂上から見渡す360度の景色を絶景として紹介していました。
富士山と比べれば1,000m以上低い山ですが、ころころと変わる天候、ガレ場や雪渓など、富士山登頂よりも難易度はずっと高いはずですので(どちらも登った事がない自分が言うのも変ですが)、良く登ったなあぁなんて感心しながら見ていました。

自分はというと、当時この山をぐるっと一周するAround the Mountain circuitと呼ばれるTramping Trackがあり、そこを4日間かけて歩いてみました。

PENTAX MZ-3/REALA ACE (COOLSCAN Ⅲ)
e0110874_20474340.jpg




e0110874_20475499.jpg


歩いたのはまだ11月で人も少なく、2日間人に全く会わないというような状況のなか、山の裾野を森林限界を超えて登っていったり、深い森の中を歩いたりとゆっくり楽しむ事ができました。

タスマン海を越えて吹き付ける湿った風は、山に当たって雲を作り雨を降らし、深い緑の美しい森を裾野に作り上げます。

PENTAX MZ-3/Sensia (COOLSCAN Ⅲ)
e0110874_20523757.jpg


e0110874_2053381.jpg

一人山小屋で夜を過ごした翌朝、早朝にふと目が覚めて外に出てみると目の前には朝焼けに染まった赤富士ならぬ赤タラナキが。
風が強く吹いており、雲が左から右へとびゅんびゅん流れて行きます。

山がこの美しい姿を見せてくれたのも一瞬の間で、この後雲の中にすっぽりと隠れ雨が降りだしてきました。
雨支度をしてバックパックを担ぎ歩き始めてものの10分、雨は上がり雲はぐんぐん流れ、太陽が顔を出してきたと思ったら今度は雲一つない快晴に。

これがこの山らしさでもあります。
[PR]

by kibunwatabibito | 2009-02-21 21:03 | New Zealand


<< 新宿御苑のメジロと寒桜・・・(1)      第6回 AOZORA写真展 参... >>