気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 01日

月と金星と木星と

昨日の夕方銀座を歩いていた時、北東の空が淡いグラデーション色に染まっていました。

東京にいると中々空が狭くて実感することがないのですが、夕日が沈む頃、空は東の地平線から淡い色に染まっていき、そして西の空は濃いオレンジ色に焼けていきます。

その時見た空は、いつもとは少し違った感じがしました。

三脚とカメラがあればなぁと思ったものの、その時持ち歩いていたコンパクトデジカメで、最近新しく外装をリニューアルした和光をバックに撮ってみました。

Caplio GX100
e0110874_20485176.jpg


この後、和光の向かいにある三愛に新しく出来た、リコーのフォトギャラリーを見て降りてくると、南西のビルの谷間には宵の金星とその上に木星、そして上弦の月を見ることができました。
(上弦の月と書きましたが、正しくは上弦の月は月齢6~8くらいの月を言いますので、この月は二日月、既朔(きさく)ですね。)

e0110874_215677.jpg

↑クリックで大きくなります!

なんとなしに気になって先ほどWEBで調べてみたら、今日は金星と木星が非常に近くまでゆっくりと近づいて行く日なのだとか。
さらには三日月も一緒になって、この天体ショーを楽しむことができるようです。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=94632345&expand
http://www.nao.ac.jp/hoshizora/topics.html#PageTop

気がつくのが遅かったですけど、まぁどの道この時期は日が沈むのも早いですし、平日なので見るのは難しかったでしょう。

まだこの時期、日が沈んで暗くなりかける頃、南西の空に一際明るい金星と木星を見ることができますので、思い出したら探して見てはいかがでしょうか。
[PR]

by kibunwatabibito | 2008-12-01 21:01 | 都内の風景


<< 北の丸公園の紅葉・・・(2)      北の丸公園の紅葉 >>