気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 07日

都心から見た富士山の夕焼け…本編

昨日はすかっと晴れ渡っており、これだけ晴れていればもしかしたら富士山が見えるかな?と思い、とある場所へ行ってみる事にしました。

とある場所というのは、25階に展望室(無料!!)のある文京区役所でもあるシビックセンター。
ここの展望室からは、天気が良く好条件が重なると(空気の澄んだ冬場の方が見えやすいです)富士山が新宿副都心の向こうに見る事ができるのです。

今までふらっと数回寄った事はあったのですが、前回朝訪れた時に初めてここから富士山を見る事が出来ました。(その時の様子はこちらで)

そして、ここから見た夕方から夜にかけての高層ビルと富士山の写真を見かけたことがあり、自分もいつか撮ってみたいなと思っていたのでした。

冬は日も落ちるのも早いので、ちょっと早めに16時前に現地に到着すると、太陽は西に傾きちょうど逆光となっており、雲はまったく出ていないものの富士山はまったく見えない。
見えると良いなぁと思いつつ、本を読んだりしながら待っていると、同じく富士山目当てでカメラを持った人が結構集まってきました。

そして太陽が徐々に落ちていくに連れ、うっすらと都庁ビルの横に富士山のシルエットが浮かび上がってくる。
そして早いもので16時半頃には太陽は丹沢山系の向こうへ落ちていき、富士山も良く見えるようになってきました。

PENTAX K10D+DA50-200mm
e0110874_2354488.jpg




e0110874_23552344.jpg


日が落ちた後は、ゆっくりと空の色が落ちていくのを見て過ごします。
日没後30分くらい経つと、地平線の夕焼けのオレンジから夜空へのグラデーションがきれいになってくる。
e0110874_23584953.jpg


そして徐々に街や高層ビルには明かりが灯り始めていき、昨日の写真のような光景になっていきました。
このころになると、目で見た目にはだいぶ暗くなってしまっていて、人もだいぶ帰ってしまっているのですが、もう少し待って最後に一枚撮っておしまいです。
e0110874_024466.jpg

昨日の写真の時刻から10分後の17時21分、空の明るさが落ちていった分、手前のビル群が明るく写っているようです。
ちなみに太陽が山の向こうに落ちたのは、16時36分でした。

e0110874_23512148.gif←人気ブログランキングに参加しています。写真等気に入りましたら、クリックの応援お願いします!
[PR]

by kibunwatabibito | 2008-01-07 23:58 | 都内の風景


<< ユーコン川での水上飛行機の動画      都心から見た富士山の夕焼け >>