気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 28日

PENTAX K-7 ファーストショット

待ちに待ったPENTAXの新しいカメラであるK-7が、やっと本日発売となりました。
そこで今日はそのK-7を持って、ちょっとお出かけしてきました。

たまたま今日はAOZORAのメンバー何人かで、どこかに写真を撮りに行こうと予定しており、それがこのカメラの初使用日となりました。

等々力渓谷、五島美術館の庭園を歩きながら写真を撮ります。
これが撮りたい!と思う被写体もそれほど見つからず、普段撮らない人の写真などもたまに撮ってましたので、あまりここに載せられるような写真はないのですが、ほんのちょっとだけせっかくなので載せてみます。
(写真をクリックするといつもより少し大きめのサイズになります。)

PENTAX K-7+Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
e0110874_016393.jpg

同行者のNikon F2です。



e0110874_0203575.jpg

e0110874_0204991.jpg


今日もほとんどPlanar T* 1.4/50をつけっぱなしでしたが、ファインダーはやはりMFでのピントあわせがしやすく、非常にありがたいです。
遠くでピントを合わすのが困難な時などは、ライブビュー拡大でのピントあわせも重宝します。

まだまだ使い始めたばかりでこれからという感じですが、しばらくはこのカメラで十分楽しめそうだという事は分かりました。

K10Dは発売当初からなので2年半使用していましたが、総ショット数は18,000枚程になっていました。
とても愛着のあるカメラで、いいカメラに出会えてよかったです。
K-7もこれに勝るとも劣らないカメラにきっとなってくれると思いながら、これからまた写真を撮っていきたいと思います。
[PR]

by kibunwatabibito | 2009-06-28 00:28 | 都内の風景


<< PENTAX K-7を持っておでかけ      星野道夫展へ再び・・・ >>