気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Planar T* 1.4/50 ZK ( 36 ) タグの人気記事


2011年 07月 25日

古河総合公園の蓮・・・(2)

昨日に続きまして、古河総合公園の蓮です。

蓮もかれこれ5年くらい撮りに来ていて、この場所も今年で3年目なので、やっぱり同じ花を撮っていると中々変化も乏しく同じような写真ばかりが増えてしまいます。

背景を変えてみたり、アングルを変えてみたり、切り取る場所を変えてみたり、色々考えてみたりもするのですが、この日は撮りはじめて2時間くらいで日も差してきて暑くなってきたのでペースがぐっと落ちます。

ちょっと気分転換に、蓮の花にはミツバチが寄ってくるのでハチとハスをセットに何枚か撮ってみます。

PENTAX K-5 + DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_2145517.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-07-25 22:03 | Flower - 花 - | Comments(2)
2010年 11月 15日

落葉

3月の終わり頃、春を待ち詫びていたかのように花を咲かせ始めた桜の木々。

ほんの少しの時、儚くも淡い薄紅色の花が散り始めると、若葉芽吹き瑞々しい緑一色へと変わってゆく。

そんな桜の木々も、また来春を夢見て着々と冬支度を始めている。

また次の春、出会うその時まで。


PENTAX K-7 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
e0110874_22334164.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2010-11-15 23:07 | 都内の風景 | Comments(2)
2010年 11月 08日

皇居東御苑にて・・・(2)

昨日に引き続き、皇居東御苑での写真です。

この日は50mmの単焦点と55-300mmの望遠ズームレンズ、もしかしたら必要かもとミニ三脚を持って出かけたのですが、ものぐさな自分はレンズ交換するのも三脚を出すのも面倒だったので、結局Planar T* 1.4/50をつけっぱなしでした。

このレンズ独特の絞りを開けたときの柔らかで奥行き間のある描写が好きで、単焦点MFレンズならではの1枚1枚熟慮しながらの撮影を心がけます。
ほとんどがF1.4~F2.0くらいの絞り値での撮影故(詳しい撮影情報はExifをご参照下さい)、被写界深度はほんの数mm~数cm程しかありません。

時には息をするのも忘れてじっとカメラを構えているので、蚊に刺されるのも無理はありません(笑)

PENTAX K-7 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
e0110874_2050585.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2010-11-08 21:00 | 都内の風景 | Comments(0)
2010年 11月 07日

皇居東御苑にて・・・(1)

ついこの前までは暑い暑いと言っていた気がするのが、ようやく秋も深まり朝晩涼しくなってきました。
北の地では紅葉も本格的に始まっている中、都内でもちらほらと木々が冬支度をしはじめている様子を見ることが出来るようになってきました。

さて、なぜ葉はこの時期黄色や赤色に色づいていくのでしょう。
気になる方は、過去に書いたこちらの記事(紅葉の仕組み)をご覧になってみて下さい。

今日は昼前には一用事済ませ、ぽかんと時間ができたので、久しぶりに皇居東御苑へ行ってきました。
広々とした気持ちの良い芝生の上で持ってきたサンドイッチを食べて昼寝をした後、カメラ片手にぶらぶら。

PENTAX K-7 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
e0110874_2212631.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2010-11-07 22:10 | 都内の風景 | Comments(4)
2010年 09月 12日

新宿御苑にて

9月に入ったというのに、まだまだ暑い日が続いています。

夏休みといえば、昨年までは3年連続海外へ出かけられていたのですが、今年は色々と忙しくまともに夏休みもとれておらずどこにも出かけられていません。。。

まぁ、こんな年もあるさと妙に納得して、粛々と過ごしています。

今日は珍しく朝から丸一日何にも予定なし。
昼頃ふと思い立って新宿御苑へ行ってきました。

こんな日は、カメラには50mmのMF単焦点レンズだけつけて、身軽に出かけます。

特に写真を撮ろう!という気合があるわけでもなく、ぶらぶらと園内を散策します。

人気の無い雑木林の中に入っていくと、もう数ヶ月もすると真っ赤に染まっていくモミジを見つけました。

PENTAX K-7 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
e0110874_21211854.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2010-09-12 21:30 | 都内の風景 | Comments(10)
2010年 07月 03日

千葉公園の大賀蓮・・・(1)

気がつけば今年も1年の半分が過ぎ、本格的に夏の季節へと移り変わろうとしています。

そんな中、7月と言えば蓮の時期。
この数年恒例のように蓮が咲けば撮りに出かけ、蓮で有名な埼玉県行田市の古代蓮の里へは去年まで3年連続で訪れることになりました。

過去の記事は、下記をご参照ください。
2007年7月
2008年7月
2009年7月

今年も蓮は撮っておきたいなぁと思っていたのですが、これまで行った事のない千葉公園の蓮が見ごろであるという事がわかったので、早速今日出かけてきました。

アクセスはといえば、総武線で千葉駅まで1本という思いの他近いという事が、今頃になって分かりました。

5時過ぎの電車に乗って千葉駅に着き、そこから歩いて10分ちょっと、公園に到着するとまだ6時過ぎだというのに結構な人が蓮池にいます。

まずは到着して最初に撮ったのが、この一枚。

PENTAX K-7 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
e0110874_16385230.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2010-07-03 16:49 | Flower - 花 - | Comments(8)
2010年 04月 10日

皇居東御苑の春景色

東京はソメイヨシノも開花して4月に入り10日経ちますが、暖かくなったかと思えば寒い日が続いたりもしています。

今日はお昼前に用事も済み時間が出来たので、久しぶりにカメラを持って皇居東御苑へ行ってきました。
というのも、今朝皇居を走りながら道ながらに色々な植物の芽吹きや花を楽しんでいたので、東御苑にも何かしら咲いているかなぁと思いたったのでした。

まずは大手門から入り二の丸雑木林の方へ向かいます。
ヤマツツジが数輪咲き始めていたのですが、ふと目を移すとチューリップが数本ちんまりと咲いているのが目に留まりました。

PENTAX K-7 + DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_21423719.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2010-04-10 22:12 | Flower - 花 - | Comments(2)
2009年 10月 14日

昭和記念公園のコスモス・・・(2)

前回から続きまして、昭和記念公園のコスモスです。

PENTAX K-7+DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_1938959.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2009-10-14 19:58 | Flower - 花 - | Comments(2)
2009年 07月 25日

DA★16-50, DA★50-135, Planar T*1.4/50 撮り比べ

今日は昨日飲んだお酒が原因で、頭がすっきりしなくてだらだらと日中を過ごしてしまいました。
このままでは何もしないで一日終わってしまうので、夕方日が暮れ始める頃、カメラを持って自転車でふらふらと出かけてきました。

先週勝鬨橋を撮ったので、今度はもう少し上流の永代橋でも撮って見ようかとポイントを探します。
ここがいいかなぁと思った場所でカメラを取り出しますが、夕焼けに染まる空を入れて撮るには方角が南過ぎてちょっといまいちです。

そこでまた自転車にのって今度は永代橋と反対の方向へ戻って、中央大橋をバックに夕日が沈むポイントを見つけました。
しかしどうも西の空には雲が変に出てしまっており、少し待ってみたもののこれは焼けないなぁと思い、また先程の場所に戻る事にしました。

結局こちらも空はいい感じの色に染まることなく、思っていたような写真は撮る事が出来なかったので、せめて一工夫をとカメラ内のデジタルフィルターの一つ、「クロスフィルター」を使って見ました。

PENTAX K-7+Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
e0110874_025091.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2009-07-25 23:57 | カメラ関連 | Comments(2)
2009年 07月 21日

古河総合公園の蓮・・・(3)

一回飛びましたが、古河総合公園の蓮シリーズ最終回です。

前回は三脚での撮影について書きましたが、もう一つこのK-7でペンタックスの一眼レフ(フィルム時代含む)史上初めて採用したのが、視野率100%のファインダーです。

通常中級機以下のクラスのデジタル一眼レフでは、視野率95%くらいが多いです。
どういう事かというと、ファインダーで覗いて見えている範囲が実際写した写真より5%程削られて見えているのです。

風景写真を撮る上では、フレーミングした際にファインダーの中に余分なものが入ってないか確認して撮るのが理想ですが、今までその辺無頓着に撮ってしまう事もありました。
しかしこの100%のファインダーを実際使用することによって、そのありがたさが改めて良くわかりました。

三脚を使用して撮影する事の利点の一つに、そのフレーミングをより綿密に練ることが出来る点があります。
ある程度撮影する場所を決めたらカメラを三脚に取り付け、ファインダーを覗いて構図をじっくり決めます。
この際100%のファインダーであれば、ファインダーを覗いて四隅まできっちり構図を決めた後シャッターを切ると、それがそのまま画像として残るのでやっぱり気持ちが良いです。

今までだと、ファインダーで覗いてきちんと構図を決めたと思って、撮ってみたら端に入って欲しくないものが入ってしまったという事がありましたから・・・。

今は写真もデジタルですのでトリミングが簡単に出来てしまいますけど、それを前提に撮ってしまうと全てがいい加減になってしまいそうな気がしてしまうので、まずはノートリミングで済むように心がけて撮るようにしています。
(といいつつ、後でトリミングする事もしばしばですが・・・。)

PENTAX K-7+DA★ 50-135mm F2.8
e0110874_21231117.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2009-07-21 21:25 | Flower - 花 - | Comments(4)