タグ:DA 55-300mm F4-5.8ED ( 70 ) タグの人気記事


2013年 05月 02日

月の出

先週の日曜日に石巻に桜を見に行った後、夕食を食べてから女川町に行きました。
昨年10月にこの桜の植樹をした際、植樹後にココハナ写真展の展示をしに行った場所が、女川町の地域医療センターでした。

その時も夜になってから到着し、展示をしてすぐにこの場所を後にしてしまっていました。
一度もう少し時間をとって来てみたいなと思っていたのが、一つの理由。
もう一つは、21時過ぎくらいに月が昇ってくるので、月の出を見てみたいなと思ったのです。

ちょうど地域医療センターの駐車場の高台からだと、東側が良く見えたのを覚えていたので、石巻から30分くらいで行けるので行ってみました。

この日、東北道を走っている時からずっと西風が強く、地域医療センターの駐車場に到着してからも風は依然強く吹いています。
三脚を立てて待っていると飛ばされるんじゃないかというような状況の中、1時間程待っていました。

月の出時刻を過ぎ、いつ昇ってくるかと待ちわびているなか、女川湾の右手の小高い山から、赤い月が昇ってきました。

PENTAX K-5 + DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_21513726.jpg

このとき月齢17の月。
居待月(いまちづき)と呼ばれ、満月を境に月の出が次第に遅くなるので、座って待つうちに出る月という意味だそうです。
まさにそんな状況を表す月の出でした。


さて、こういうった昇りたての月は、赤っぽく見えるという事をご存じでしょうか?
原理は朝日や夕日が赤く見えるのと同じなのです。

地球上には空気(大気)があり、大気中には塵などの様々な微粒子が漂っています。
月も太陽も低い位置に見えている時は、その光は地球を取り巻く大気の層を斜めに進むため、より大気中の微粒子の影響を受けやすくなります。

地球上の空気の層(大気圏)の厚さは約100km。真上から光が来るとすると、大気中を通る距離は100kmですね。
一方、地球の直径は約1万3,000km。
太陽や月が地平線に近い場所にある時、通常よりもずっと長い距離大気中を光が通るのが想像出来るかと思います。

月の光というのは、太陽の光を反射しているのでほぼ同じものと考えます。
太陽の光は虹の7色でも分かるように、波長の長さによって色が違います。
光の中でも波長の短い青系統の光は、大気中の微粒子で散乱されやすく、逆に波長の長い赤系統の光だけが散乱される事無く目に届き、結果赤く見えるということなのです。

月の出は毎日時間も変わりますし、都心にいるとビル等の障害物で中々見る事はありませんが、もし機会あれば是非見てみてくださいね。
[PR]

by kibunwatabibito | 2013-05-02 21:56 | 日本の風景 | Comments(0)
2012年 11月 01日

心に花を*フォトプロジェクト ~桜の植樹へ~ ②

少し間があきましたが、ココハナ桜植樹の続きです。

桜を植樹する場所は、石巻市にあるGalleryCafe 「Cafe NOON」前。
朝から植木屋さん、地元の人等集まり作業をするため、東京からの出発組は前日12日(金)の21時に東京駅前に集まり、車3台に分乗して出発しました。

金曜日夜発というのは、個人的にも写真を撮りに行ったりするときにいつものパターンなのですが、今回出発時間が早かったのでかなりバタバタ。
結構ムリムリ仕事を投げ出し、なんとか間に合いました^^;

早めの時間に出発した理由はと言えば、現地に着いてから少し仮眠の時間をとれるようにという事だと思います。
予定では6時間程の行程でしたが、道の混雑も無くいいペースで走る事が出来たので、2時半くらいには現地に到着しました。

今回ダイビングショップの「High-Bridge」にて、みんなが仮眠する場所を提供頂いていました。
もし東京を土曜日の早朝出発だとすると、こちらに到着するのはどんなに早くても昼頃になってしまいます。
また金曜日の夜に出れば朝から時間を使う事は出来るのですが、バスでの移動というわけでもないので車中で十分睡眠をとれません。(ドライバーは寝られない^^;)
10月とはいえ夜は冷え込むし、みんな車で車中泊というわけにもいかないので(僕はいいのですが(笑))、こうやって場所を提供頂く事は本当にありがたい事です。

翌朝、6時過ぎに目が覚めてしまったので、外の空気を吸いに行きます。
家のすぐ前には雑草が朝陽を受けてキラキラと輝いてました。

PENTAX K-5 + D FA マクロ100mmF2.8
e0110874_20444769.jpg

DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_20515623.jpg


みんな起き出し、朝食を食べ、支度が出来た所で、カフェヌーンへと出かけていきます。

到着すると、現地集合組みの人たちも加わり、カフェヌーンのオーナー、植木屋さん、地元の方々、市議会議員の方まで集まり、いよいよ植樹開始です。
今回植樹する桜の木は、河津桜が21本。

もともとこの場所にはソメイヨシノが植えられていたのですが、色もピンクで鮮やかなこと、ソメイヨシノなどよりも早く咲き一番に春を告げる桜という事で、河津桜が選ばれたようです。
(そのあたりの経緯などについては、こちらのココハナブログをご覧ください。)

あらかじめ植木屋さんが植樹する場所の土壌改良をし、重機で土を掘り起こして柔らかくしてくれています。
最初は植木屋さんがやり方の見本を見せてくれ、その後皆でスコップを持って桜の苗木を植えるために穴を掘り、木を植え、土をかぶせて水をかけてあげます。

DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_20573115.jpg

e0110874_20591127.jpg

e0110874_20593013.jpg

e0110874_20595441.jpg

e0110874_2104143.jpg

e0110874_20582044.jpg



作業する事2時間半くらいでしたでしょうか。
旧北上川から流れる運河沿いの道に、新しい命が吹き込まれました。
e0110874_2105482.jpg

植樹に協力してくれた方々の名前が入った記念プレートも一緒に設置されました。
このプレートにはこんな言葉が添えられていました。
e0110874_211735.jpg

「またここが、彩りあふれる場所に戻ることを願って。」


花というのは不思議なもので、見た人に優しい気持ちを吹き込んだり、心を暖かくしてくれる力があります。
震災直後に、Web上でお花の写真を掲載して誰かの心を癒せたらという想いから始まったこの活動、そこから発展して実際に病院や被災地で巡回写真展を行うようになり、そしてこうやって本当の桜の木を植えるまでになりました。

地元の人たちにとって、その地に咲く桜の木々はどんな想いを届けてくれるのでしょうか。
桜の開花に一喜一憂するのは日本人ならでは、誰しも春の訪れを告げるその美しくも風情のある花に何かしらの想いを抱くと思います。

来年には数厘花を咲かせるかもしれないそうです。
数年後には満開の桜並木になるのかな。

またこの場所に桜が咲く頃、地元の人も一緒にみんなで花見ができるといいなと思っています。
桜の下には笑顔が集まります。
e0110874_2112359.jpg

[PR]

by kibunwatabibito | 2012-11-01 22:05 | ココハナ | Comments(0)
2012年 05月 25日

太陽と月と撮影と・・・(序章)

自然風景を撮影するときに重要なのが、太陽や月の事。
自分は写真とは光を写すことだと思っているので、撮影の際にはそのとき太陽や月がどこにあるかという事を考えています。
 
自宅で、撮影地で、その日は太陽や月が何時にどこから出て、どこへ沈んでいくのか、そんなことを調べる際に最近重宝しているのがアンドロイドアプリの「Sun Surveyor」。
(機能限定の無料版もあります。)

このアプリを使用して、先日は富士山の山頂から昇るスーパームーン(パール富士)や、皆既月食と東京タワーの写真等を撮ってきました。
このアプリの説明については、こちらのサイトに詳しく解説がありましたので、ここでは割愛します。

ただ、このアプリも細かい部分まで追い込むのには限界があり、パール富士も皆既月食も見込みを大体つけた場所がたまたま合っていたという、運に頼っている部分が多かったのが事実です。

というのも、その時刻、場所での太陽・月の方位や高度(仰角)は割り出せるのですが、たとえば月を富士山頂上に重ねたい時に自分が立つ位置から富士山の頂上までの仰角が何度になるのか?という事がわかりません。

自分が立つ場所から富士山までの距離(= 底辺)、富士山の標高(= 高さ)が分かっているので、直角三角形の1つの角度を求めるのに、確か中学校の時に数学で習ったなんかの計算式を使えば出るんだろうという事だけぼんやり思いつつ、ずっと突き詰めることなくそのままになっていました。

ということで、先日ようやく調べて見た所、三平方の定理を使えばいい事がわかりました。
といっても数学は大の苦手で、いちいち計算などしていられませんので、エクセルで計算式を作ってみました。

下の表示のように、高さを長さで割ってアークタンジェントを求め、返ってきた数字はExcel内で扱う角度の単位のラジアンなので、それを「度」に変換するために*180/PI()を入れます。
e0110874_2132239.jpg



…と、これで今後は目標物までの距離と高さ(標高差)を出せば仰角が出せる!と思ったら、一発で計算できるサイトがありました。。。
底辺と高さから角度と斜辺を計算

この計算サイト、トップページに行くと数学・物理的な計算から生活に役立つ計算まで、色んな面白いのがあるので(たとえば「瞬きなしの集合写真を撮るには何枚撮る必要があるか、等」)、是非色々と中をのぞいて見てください。

…ここまでで余計な話もあり少し長くなったので一度切り、本編は次回へ。

PENTAX K-5 + DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_2117589.jpg
- 富士山より昇るスーパームーン -
e0110874_2117529.jpg
- 東京タワーと皆既月食 -
[PR]

by kibunwatabibito | 2012-05-25 21:35 | カメラ関連 | Comments(2)
2011年 10月 18日

裏磐梯へ・・・(12) (虹について)

前回の記事に続きまして、朝露に濡れた草っぱらを撮った写真たちです。

PENTAX K-5 + DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_20445728.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-10-18 20:56 | 日本の風景 | Comments(0)
2011年 10月 17日

裏磐梯へ・・・(11)

太陽が昇り始めたところで撮影は終了にして、テントへ戻っていきます。
湖畔を離れ歩いていると、途中の草っぱらには朝露がびっしりとつき、そこに太陽が逆光で差しこみきらきらと輝いていました。

水滴の写真を撮るのも好きなので、これは!と思いまたカメラを取り出します。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_19462823.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-10-17 19:53 | 日本の風景 | Comments(2)
2011年 09月 15日

八千穂高原へ・・・(6)

空が焼け始めるとあとは息をつく暇もなくシャッターを切っていく。
秒単位で目の前に広がる景色はどんどんと変わっていってしまうから。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_2045619.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-09-15 20:57 | 日本の風景 | Comments(4)
2011年 07月 25日

古河総合公園の蓮・・・(2)

昨日に続きまして、古河総合公園の蓮です。

蓮もかれこれ5年くらい撮りに来ていて、この場所も今年で3年目なので、やっぱり同じ花を撮っていると中々変化も乏しく同じような写真ばかりが増えてしまいます。

背景を変えてみたり、アングルを変えてみたり、切り取る場所を変えてみたり、色々考えてみたりもするのですが、この日は撮りはじめて2時間くらいで日も差してきて暑くなってきたのでペースがぐっと落ちます。

ちょっと気分転換に、蓮の花にはミツバチが寄ってくるのでハチとハスをセットに何枚か撮ってみます。

PENTAX K-5 + DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_2145517.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-07-25 22:03 | Flower - 花 - | Comments(2)
2011年 07月 24日

古河総合公園の蓮・・・(1)

本来写真ブログのはずの当ブログですが、ここのところテキストばかりが続き、さらにしばらくまた放置されてしまいましたので、また写真を載せてみたいと思います。

本当は前回裏磐梯の事を書いている途中だったのですが、撮ったはいいがそのままもう季節外れになってしまったアジサイの例があるので、先に蓮の写真を載せてみたいと思います。

出かけたのは7月9日の土曜日。
毎年7月になると蓮を撮りに出かけ、昨年なんかは3週連続で違う場所に撮りに行ったりしていたのですが、今年はピンポイントにこの日しか空いていなかったので、ちょうど見ごろを迎えたであろう古河総合公園に向かいました。

過去に撮った蓮の写真は、こちらからどうぞ。

朝3時頃に家を出て、友人(トップページの写真はこの日撮った写真ですね!・・・たぶん。)を途中ピックアップして首都高を経由して東北道へと乗り入れます。
この所東北道乗る機会多いなぁと、数えてみたらこの3ヶ月で8回も乗っていました。

前回、前々回は宮城までのドライブでしたが、目的地の古河市はそれに比べたらあっという間、1時間程で現地に到着してしまいます。

まだ太陽は低く、光もまだやさしく環境は良さそうです。
まだ最盛期に比べると少し咲いている花は少ないかな?と思いつつも、暑くなる前、というか既にもう暑いので日が完全に昇ってしまう前に撮影していきます。

PENTAX K-5 + DA★ 50-135mm F2.8
e0110874_18285140.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-07-24 18:39 | Flower - 花 - | Comments(4)
2011年 05月 29日

チューリップ

昨日に続きまして、もう見ごろは終えてしまいましたが4月24日に撮影したチューリップの花です。

その日はチューリップでも撮ろうかなぁと思い、当初は昭和記念公園へ行こうかと思っていたのですが、たまたまネットで検索していたところ千葉県佐倉市にある「佐倉ふるさと広場」という場所で「チューリップまつり」なるものをやっているとの事で、出かけてきました。

139種類50万本の色とりどりのチューリップが花を咲かせているとの事でしたが、訪れた日はちょうど見ごろを迎えていたようで好天も手伝い多くの人が訪れていました。

PENTAX K-5 + DA 21mmF3.2AL Limited
e0110874_9394631.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-05-29 09:37 | Flower - 花 - | Comments(2)
2011年 05月 28日

乙女椿

寒い冬もようやく開けて春が訪れ、桜やかたくりの花を撮っていたなぁと思っていたら今度はあっという間に梅雨入りしてしまいました。

その間色々写真は撮っていたのですが、ブログに載せる時間が中々とれずしばらくまた放置気味になってしまいました。

先日東京タワーで行われた被災地復興支援のポストカード販売会、おかげさまでたくさんの方に当日お越し頂き2日間で1,179枚(@100円)のポストカードをお買い上げいただきました。

売上げ金の全額と頂いた寄付金も含め、日本赤十字社へ被災地への義援金としてAOZORAより寄付いたします。

ご協力頂いた皆さま、ご来場頂いた皆さま、ありがとうございました。

当日の様子は、AOZORAのHPに載っていますので、宜しければご覧下さい。
東京タワー ポストカード販売会ご報告


さて、このところ週末は早起き、もしくはそのまま金曜日の夜に出かけて家にいることも少なかったのですが、今日は昼から用事がありちょっと時間が空いたので、久しぶりに写真を載せてみたいと思います。

もう既に時期外れとなってしまいましたが、昭和記念公園で4月3日に撮った乙女椿です。

この日は写真(AOZORA)仲間と昭和記念公園でBBQをしたのですが、せっかく行くのならと早めに家を出て開園時間から園内をぶらぶらとしていました。

ちょっと時期が早くこれといった花もまだ咲いていなかったのですが、唯一自分が撮りたい!と見つけたのが乙女椿。

普通の椿はあんまり写欲がわかないのですが、この乙女椿は色、形とも好みでいつかちゃんと撮りたいなぁと思っていました。

ただ、結構背景処理に悩む花でもあるので中々良いシチュエーションに出会えなかったのですが、ここで良さげな一輪を見つけました。

PENTAX K-5 + DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_10133648.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-05-28 10:10 | Flower - 花 - | Comments(2)