タグ:朝焼け ( 28 ) タグの人気記事


2012年 01月 01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます!

このブログを開設したのが5年前の1月10日。
今年も無事にこのブログで新年の挨拶をすることができました。

今年は春先に車を入手し、これまで撮影したいと思っていた夜から朝にかけての光景を初め、遠くにはあまり出かけられませんでしたが日本の数々の美しい風景に出会うことが出来た一年でした。

ブログの更新はと言えば、これまで載せる写真自体をあまり撮れなかったという理由から、今度は載せたい写真はたくさんあるけど時間が中々とれないということで、あまり更新も進んでおりません^^;

それでも、撮りたい写真が撮れているというだけでも良しとして、今年も一年、少しでも多くの方々の心に残るような写真が撮れるよう精進したいと思います。

皆様今年もどうぞよろしくお願いいたします!

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_10541313.jpg

[PR]

by kibunwatabibito | 2012-01-01 10:54 | 日常
2011年 12月 07日

第6回CHANNEL写真展無事終了

12月3日(土)、4日(日)と無事CHANNEL写真展Vol.6を開催する事ができました。
初日は朝から強い雨が降り、翌日は前日の天気が嘘のように暖かく気持ちの良いお出かけ日和となりましたが、当日お越しくさいました方々、本当にありがとうございました!

CHANNEL(チャンネル)は、もともと渋谷にある写真の学校「東京写真学園」に同時期に通っていたメンバーから成り立っており、自分はAOZORA写真展を通してメンバー同士と知り合い、一昨年から一緒に参加させてもらう事となりました。

そのCHANNELも今年で6年目を向かえ、6回目の写真展となります。

ここ3回の写真展では毎年ギャラリーも変え、今回はAOZORAでは馴染みの深かった四谷ひろば内にある、ランプ坂ギャラリーにて開催を致しました。
今回自分が展示した写真は、 「夜空から夜明けの空」 をテーマに、9月に長野県野辺山高原で撮影した星空と夜明けの情景3点を展示しました。

この野辺山高原へ行った時の話は、以前のブログに載せてあります。
いつもであれば撮った写真をほとんどこのブログに載せてしまうため、写真展に展示する写真もすでに載せた物であったりする事がほとんどなのですが、今回はこの写真展用の写真はとっておいたので、改めてブログに載せてみたいとおもいます。

Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-12-07 22:26 | カメラ関連 | Comments(0)
2011年 11月 18日

雲海と富士と朝焼けと

夜明けと共に湧き上がる雲海、そして徐々に色づき始めた空、そして上空に広がる巻雲。
それらが一体となって悠然たる富士山を囲み、自然が目の前で創り出すその光景に発する言葉もなく、刻一刻と変わっていくその姿を心に刻み付けるかのように夢中でシャッターを切った。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_23223480.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-11-18 23:36 | 日本の風景 | Comments(2)
2011年 11月 16日

雲海に浮かぶ富士、そして朝焼けへ・・・

目の前に広がる雲海、そしてその雲海の上から美しい稜線をのぞかせる富士山。
夜明けと共に空は色づいてゆき、朝焼けがついに始まりました。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_20364020.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-11-16 20:50 | 日本の風景 | Comments(0)
2011年 11月 10日

湧き上がる雲海と富士山と

それまで夜空に輝いていた無数の星々も、東の空が徐々に明るみを増していくに連れ姿を一つ、また一つと消えていきます。

それまで眼下の街灯りの上に薄く霧のようにかかっていた雲は、次第にその厚みを増し、どこからともなく流れ集まり始め、なんと雲海が出来上がってきました。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_19481995.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-11-10 20:15 | 日本の風景 | Comments(0)
2011年 11月 08日

星と朝焼けと富士山と

夜の3時半頃から撮影を始めて1時間あまり、5時頃になると正面の稜線あたりが微かに白み始めてきました。

この日この場所からの日の出時刻は、6時11分。

まだ1時間程あるので、肉眼ではその色の変化を捉えることは出来ませんが、この時間帯に撮影をすると朝焼けと星を一緒に映し出すことが出来るのです。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_2214751.jpg

e0110874_2214390.jpg


夜の星空と朝焼けが同じ場に存在する不思議な空間。

ほんの10分程の時間だけ見る事の出来る貴重な世界なのです。
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-11-08 22:25 | 日本の風景 | Comments(4)
2011年 10月 15日

裏磐梯へ・・・(10)

無音の闇の世界で一人写真を撮っていると、時間という概念を忘れかけてしまいます。

気がつくと東の空がわずかに白み始めてきました。

ここからは、刻々と色を変えていく夜明けの空の色と山と湖、そして大きな空をキャンバスに描く雲の表情を撮っていきます。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_20112029.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-10-15 20:25 | 日本の風景 | Comments(5)
2011年 10月 08日

裏磐梯へ・・・(7)

幻想的な朝焼けに興奮してシャッターを切っていると、もうあっという間。
やがて日の出時刻となりますが、個人的に日の出の写真よりも日が昇る前の時間帯の写真の方が好きなので、ここで「あぁ、終わった~。」と一息ついてしまうような感じです。

でも逆光に照らされる世界はまだまだ変化に富み楽しませてもらえました。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_22592687.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-10-08 23:22 | 日本の風景 | Comments(0)
2011年 10月 07日

裏磐梯へ・・・(6)

日の出まで残すところあと10分あまり。
ここからは一気に空が、雲が、湖が色づき、ただただ目の前に広がる息をのむような景色を前に、シャッターを押すだけです。

この感じた事を言葉で説明できるものでもないので、あとは写真だけで。
(手抜きとも言う。)


PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_22141421.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-10-07 22:22 | 日本の風景 | Comments(4)
2011年 10月 06日

裏磐梯へ・・・(5)

時刻は4時30分頃。
航海薄明、Nautical twilightを向かえ段々と辺りには明るさが増していき、星は頭上から消え去りつつあります。

だいぶ足元や周りの状況が見渡せるようになってもきたので、場所を変え刻々と変わっていく湖の表情を撮影していきます。

ENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_2216470.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-10-06 22:46 | 日本の風景