気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ

タグ:星 ( 20 ) タグの人気記事


2011年 10月 14日

裏磐梯へ・・・(9)

少し間があきましたが、9月9日(金)~11日(日)に行った福島県の裏磐梯の続きです。

東京を木曜日の夜に発つ前に天気予報で確認していた時、天気は下り坂で金曜日の昼以降は雲が多くなり、一時雨という予報もあったため、当初は初日の夜と朝が撮影できれば良いかなと思っていました。

天気予報通り、初日は到着して夜中から朝にかけて天候に恵まれ素晴らしい景色を見る事が出来たのですが、この日は昼から夜にかけてもそこそこ天気がもっていました。

そこで2日目の今日も天気が良かった時の為に、昨晩早めに就寝し(寝不足だったと言う事もありますが)目覚ましをAM2:30にセットしておきます。

アラームが鳴りテントから起き出して見ると、なんと今日も雲ひとつなく晴れあがっている。

この日は月齢12の月が出ていましたが、3時にその明るい月も沈んでいくはずで、外に出た時は既に西の山の向こうへ隠れており今日も絶好の星空撮影日和。
早速支度をして撮影を開始します。

昨晩は真っ暗闇で足元がよく見えない為、若干明るくなり始めてから湖畔の方へ行きましたが、今回は湖畔の方への道筋を前日の夕方に確認しておいたので最初から湖畔まで歩いていきます。

風も無く、音もしない、真っ暗闇の世界。
でも空を見上げると、そこには無数の小さな光が宝石箱をひっくり返したかのように全天に散りばめられています。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_22154798.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-10-14 22:56 | 日本の風景 | Comments(0)
2011年 10月 05日

裏磐梯へ・・・(4)

この日(9月9日)の日の出時刻は、5時16分。
前回載せた写真を撮った時刻が、4時11分。

日の出時刻の1時間半くらい前から夜空は次第に明るくなっていき、夜空に無数に広がる星々も徐々にその姿を消していきます。

日の出まで1時間程の時間になると、肉眼でも東の空が明るくなってきたのがわかります。

西の空に太陽が沈んだあとに起こるブルーモーメントという現象は良く知られていますが、同様に日の出の前にもこのブルーモーメントは見る事ができ、夜空の深い青からやがて朝焼けのオレンジへと空は色を変えています。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_20401442.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-10-05 21:06 | 日本の風景 | Comments(0)
2011年 10月 04日

裏磐梯へ・・・(3)

前日仕事を終えてから車を走らせ、桧原湖に到着したのが夜中の3時頃。
そこで夜空を埋め尽くす満天の星空に圧倒されながらも撮影する事1時間あまり、ふと気がつくと東の空が白み始めてきました。

と言っても、目で見る分にはまだ真っ暗な夜空。
日が昇る辺りの地平線あたりの場所がかすかに白んでいる程度。

しかし、カメラっていうのはすごい。

人間の目ではまだ明るさが足りず捉えることの出来ない色などを、長時間露光する事で夜空から朝焼けのような空と星を一緒に撮る事が出来るのです。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_22253032.jpg



・・・(4)に続く。
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-10-04 22:33 | 日本の風景 | Comments(0)
2011年 10月 03日

裏磐梯へ・・・(2)

前回の記事ではO-GPS1のアストロトレーサー機能を使って撮影した星の写真を何点か載せましたが、今回O-GPS1と星景写真についてちょっと書いてみます。

まずは、こちらの写真をご覧下さい。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8 with O-GPS1
e0110874_23324492.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-10-03 23:46 | 日本の風景 | Comments(4)
2011年 10月 02日

裏磐梯へ・・・(1)

9月9日(金)~11日(日)にかけて福島県の裏磐梯へ出かけてきました。
裏磐梯は風景写真を撮る人にとって聖地とも言われる程美しい被写体に富む場所であり、無い物は海だけとも言えます。

初めて訪れたのは2009年の秋、そして今年の4月後半のGWにも出かけていたのですが、その際の記事が書き掛けでそのままになってしまっています。。。

とりあえず、忘れないうちに今回の撮影記を載せていこうと思いつつ、12月3日(土)~4日(日)開催予定のグループ写真展(CHANNEL展)に今回裏磐梯で撮った写真を使おうとずっと思っていて、それだったらブログに展示する写真は載せない方がいいよなぁ等と色々考えてもいたのですが、先ほど展示は別の写真にしようと思いつきで決めたので、こちらのブログにはこの時撮った写真がたくさんあるので(主に夜から朝にかけての風景写真)載せていこうと思います。

前置きが長くなりましたが、ここから本編。


前回八千穂高原へ出かけた時と同様、今回もテント泊と言う事で、8日(木)帰宅後に支度をし、22時頃出発。
野営道具類はだいたい同じ場所に必要な物毎に分けておいてあるので、準備にはほとんど手間がかからないものの、毎回ぽろぽろと必須ではないもののあったら便利だと思われる物を忘れてきたりしている。

チェックリストでも作れば確実なんでしょうが、無いと致命的な物は忘れずチェックはしているつもりなので、まぁなんとでもなります。

順調に東北道、磐越道と乗継ぎ猪苗代磐梯高原ICを下りたのが2時頃。
車を降りて空を見上げて見ると、たくさんの星が夜空を覆っています。

この日は月はまだ満月に近いものの、2時頃に沈む事を確認していたので天気が良ければ星の撮影が出来ると思っていましたが、これはいけそう。

そのまま車を走らせ、今回朝焼けの撮影場所として目論んでいた小野川湖へとりあえず行ってみます。

到着すると光害がより少ないという事もあって、星の数がここ数年日本で見た中では一番かもというくらい出ています。
そこでまずは星の撮影をしようと、小野川湖を離れて桧原湖へと向かいます。

ここ桧原湖の西岸にあるママキャンプ場と言う場所で泊る予定だったのですが、過去2回朝焼けの撮影をしたこともあり、暗闇の中でもある程度撮影場所の見当がつくという事と、空が大きく開けているので星の写真を撮るにも良いだろうと直接行く事にしました。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8 with O-GPS1
e0110874_11551482.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-10-02 12:44 | 日本の風景 | Comments(0)
2011年 09月 13日

八千穂高原へ・・・(5)

また少し間が空いてしまいましたが、8月12日~14日に出かけた八千穂高原の続きです。
もう1ヶ月も過ぎてしまっているんですね。。。

3時過ぎに目覚ましに起こされテントから外に出てみると、昨日の夜の雷雨から一晩明けて雲も流れていき星も良く見える。
どんな朝焼けになるかは分かりませんが、昨日と同じ場所に今日も行ってみる事にしました。

さっと着替えて5分後くらいには車に乗って八千穂レイクへ着いたのは4時前。
空の状態は思っていたよりも良く、まだ月が出ていて空は明るいものの昨日よりも星が良く見える気がします。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_20332057.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-09-13 20:36 | 日本の風景 | Comments(0)
2011年 09月 03日

八千穂高原へ・・・(3)

少し間が空きましたが、八千穂高原の続きです。

昨晩は夜中の1時半に目覚ましをかけて寝袋に入り、アラームで目を覚ましとりあえずテントから外に出てみると、ちょっと雲が出ているものの星は見えるので撮影決行。

着替えて車に乗り込み、ここから15分程道を上っていった所、麦草峠へぶつかるところにレストハウスふるさとがあります。
北東を眼下に見渡す事が出来、空も開けていて光害も比較的少ないことから知る人ぞ知る(?)星見スポットでもあるそうです。

到着してみると車が2~3台止まっており先客がいました。

しかし空の状態は今一つ。
雲が少し多いのと、満月に近い月が煌々と輝き空がやっぱり明るすぎます。

とりあえず三脚にカメラをセットして何枚か撮ってみます。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_15262618.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-09-03 15:46 | 日本の風景 | Comments(0)
2011年 06月 07日

本栖湖からの夜明けの富士

もともとバイクで日本各地、そして海外へも旅して周り、その時見た風景を写真に残したいと購入したカメラ。
最初は使い捨てカメラから、コンパクトカメラ、一眼レフカメラへとステップアップ。

確か一眼レフ(PENTAX MZ-3)を購入したのは2度目の北海道へ行く前だと思うので、もう13年も前のことになる。

でもその頃カメラを持ち出すのは、バイクに乗って旅に出る時だけ。
それが、デジタル一眼レフを購入してからはフィルム代がかからないからと、良く写真を撮るようになった。

でも、撮りたいと思うものはやはり自然の風景。
そこで身近にある自然ということで、それまでほとんど興味のなかった花の写真を撮るようになったのだと思う。

花はそれ程遠くに出かけなくても撮れるので、必然的に被写体になる頻度は高かったのだけど、やはり風景写真を撮りたい。

という事で、この2ヶ月くらいで色々撮りました。


まずは、本栖湖からの夜明けの富士山。

きっかけは3年前の9月、翌月に備えたAOZORA写真展 in New York用に何か日本らしい風景写真をと、富士山を撮りに本栖湖へ出かけたのですが、残念ながらその時は霧のため本栖湖からは富士山を見る事叶わず。

という事で、リベンジもかねてもう一度この場所から夜明けの富士山を撮りたいと思っていたのでした。

もともと予定を立てるのが好きでなくいつも思い立って行動するもので、このときも前日の夜に思い立って準備。

本当は仮眠してからいこうかなぁと思っていましたが、なんか中途半端な時間になってしまったのでそのまま車に乗って出発です。

目的地へと到着すると、今回は富士山がちゃんと見える!

この日(4月17日)の日の出は5時7分頃。

到着したのは2時半頃。
日の出の1時間くらい前から撮ろうと思い、とりあえず仮眠しようと思いますが、とりあえず星も一緒に撮っておこうと三脚にカメラをセットします。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_22572377.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-06-07 23:08 | 日本の風景 | Comments(6)
2009年 10月 11日

ユーコン川を下る・・・(12)

キャンプ5日目の朝、このところ夜は晴れているのに朝になると曇ってしまうことが多いのだが、この日もテントから出てみると空は雲に覆われていた。
ただその分冷え込みはそれ程でもなく、7~8℃はあるだろうか。

この日は昨日に比べれば行程も少し楽で、40キロほどの川下りだ。
朝食はラーメンを食べて体を暖める。
こういうところで食べるラーメンは、やっぱりおいしい!

下流へと下るにつれ周りの景色も徐々に変わってきており、スプルースが多かった川岸にはポプラやアスペンが混じるようになり、黄色く色づいた木々の葉が目を楽しませてくれる。

PENTAX K-7+DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_22205190.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2009-10-11 22:33 | ユーコン川 '09 | Comments(8)
2009年 09月 27日

ユーコン川を下る・・・(3)

しばらく月夜の下でパドリングをした後、さぁ戻ろうかというところで、岸の方向はわかるものの暗くてどこから出てきたのかがはっきりとわからない。

これがもし1人であったならもっと慎重に確認しながら出ていったであろうが、夜の湖に漕ぎ出す楽しさにすっかり浮かれ、また6人もいてTomoさんもいるので大丈夫だろうという安心感からそんなことを気にしないで出てしまっていた。

まぁ、大体あの辺だろうとあたりをつけて戻っていく。
もし違っていても岸沿いに進めば見つかるので、それほどたいした問題ではない。

ナイトパドルから戻ったのは、おそらく23時頃。
本来だったらもう暗いんだし寝ようかとなるのかもしれないが、この旅でもう一つ楽しみにしているのがオーロラを見る事。

前回は初日の夜に初めてオーロラを見ることが出来てとても感動したのだが(右上のトップの写真)、今回も運がよければ見られるだろうと期待して、少し眺めの良い場所に行こうとキャンプ地から歩いて少し高台の場所まで移動する事にした。

日が暮れる前に他のメンバーが見つけた場所らしいのだが、木々の中へ入ってしまうと月の光も届かず道らしい道もないので、真っ暗の中ヘッドライトの明かりを頼りに歩くが少し迷う。
ようやく高台へと登る岩場を見つけて登ってみると、確かに周りを良く見渡せる場所にでた。

しかし先程ナイトパドルが出来たくらいで、今日は月が非常に明るく星の数も少ない。
多少曇りがちだった空は次第に雲もとれていき、月で明かるいものの北の空の視界も良好だ。

PENTAX K-7+DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_18553325.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2009-09-27 19:07 | ユーコン川 '09 | Comments(10)