タグ:星 ( 20 ) タグの人気記事


2014年 01月 07日

謹賀新年

あけましておめでとうございます!

少し遅くなりましたが、新年のご挨拶を申し上げます。

このブログを開設したのが7年前の1月10日。
最近更新する機会が少なくなってしまいましたが、今後も細く長く続けて行ければと思っています。

昨年一年は、写真を通して大きな経験をさせてもらう事が出来ました。

2月には御苗場への出展、CP+でのマイブックブースでのトークショー
2月27日~3月11日にかけては、自身初となる個展を新宿のペンタックスフォーラム(現: リコーイメージングスクエア新宿)にて開催することが出来ました。

6月にPhoto+Nico 2013への出展、また一昨年から続くココハナの活動にも参加させてもらい、東北へ。

今年一年も、変わらず写真で何か人の役に立てるようなこと、そして人の心に感動を伝えられるような写真を撮っていけたらいいなと思います。

PENTAX K-5 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC
e0110874_20491744.jpg

[PR]

by kibunwatabibito | 2014-01-07 21:14 | 日常 | Comments(2)
2013年 05月 07日

みずがめ座流星群

5月5日~6日にかけて、みずがめ座流星群を見に南房総へ行って来ました。

活動のピークとなる時間は日の出後となるため、どれくらいの出現数になるのかなぁと思っていましたが、肉眼でも何個か明るい流星を見る事が出来ました。
明け方には、-8等級とも言われている火球が出ましたが、残念ながらその時は反対側を向いてファインダーを覗いてたようで気がつかず。。。

まだ全然写真整理できていませんが、とりあえずタイムラプス動画用の素材に一台撮っていた写真から、比較明合成してみました。
夜中の1時35分~2時27分まで、真ん中と左側に2つ流星、右上のはイリジウムフレア?、そして漁り火の漁船の明かりの上に、細い赤い月が昇ってきました。

PENTAX K-5 + DA 18-135mmF3.5-5.6
e0110874_21572978.jpg

[PR]

by kibunwatabibito | 2013-05-07 22:01 | 日本の風景 | Comments(4)
2012年 09月 30日

今年の撮り初め 星空と朝焼けと

気がつけば明日でもう10月。
今年も残すところ3ヶ月ですよ。

なんとなく今年撮った写真を見返していていたのですが、今年初めての撮影はなぜかいきなり元旦の夜から。
うみカメラマンのむらいさちさん、風景写真家の武藤裕也の男三人で伊豆に星を撮りに行ってました^^;

正月で光害の影響も比較的少なかったからなのか、伊豆でも天の川が薄っすら見えました。

PENTAX K-5 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC
e0110874_2344725.jpg


日の出の頃、雲が多く朝焼けは無理かなぁと思いつつも、雲間を探して西伊豆スカイラインを走っていると、稜線に出た所でこの光景に出会いました。

DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_2344865.jpg


でも、風がすごく強くて寒くて大変。

この暑い夏を過ごしていると寒いなんて感覚を忘れてしまいそうですが、もうすぐ秋になり、凛とした冷たい空気が身を引き締める冬が訪れるのですね。
これから空も澄んでいき、星空がきれいな季節になっていきます。
e0110874_2371178.jpg

[PR]

by kibunwatabibito | 2012-09-30 23:07 | 日本の風景 | Comments(0)
2012年 09月 18日

星を撮る人、眺める人。

このところブログに全然撮った写真を載せられていませんでしたが、ちょっと気持ちも新たにちゃんと更新していこうかなぁと思いました。
(ちゃんと続くかな・・・^^;)

ということで、まずはこの週末に出かけて来た兵庫県にある竹田城

天空の城、また日本のマチュビチュとも呼ばれるこの場所は、ふもとの円山川の川霧で9月下旬から4月くらいまで雲海が発生します。
早朝の雲海に浮かぶそのドラマチックな光景、いつか行って見たいと思っていました。

とはいえ、一度行ったからといってそんな簡単に見られるわけでは無いと思っていたのですが、・・・なんと見られちゃいました!

今回撮った写真、今度の個展用に1~2点使えそうなので、そのあたりの写真はちょっと寝かせておきます^^;

昨日は夜中の2時から撮っていたのですが、星空も素晴らしかったです。
肉眼でも天の川がはっきりわかるくらい。
ということで、今日の写真は天守台より星を撮る人、眺める人。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_20494250.jpg


東の空高くには、一際明るい木星。
そしてオリオン座と冬の大三角がもう昇ってきています。
まだまだ暑さ続きますけど、秋から冬へ気がつくとあっというまに季節は過ぎ去っていってしまいますね。
[PR]

by kibunwatabibito | 2012-09-18 20:54 | 日本の風景 | Comments(4)
2012年 05月 01日

心に花を*ココハナ写真展 in 南三陸町

4/28~30にかけて、宮城県南三陸町~福島県裏磐梯へ出かけてきました。

今回参加させていただいたのは、『心に花を*ココハナ写真展』facebook)として、公募で全国から100名を超えるフォトグラファーから集められた花の写真を被災地の色々な場所で巡回展示をして、見ていただいた方の心に花を届けるという活動。

これまで、宮城県は亘理町、山元町と南にある海沿いの町へ出かけていた事はあったものの、なかなか仙台以北の地域には足を運ぶ機会がなかったため、このGWの3連休を利用してココハナ東北フォトツアーを催行するとのことだったので、参加してきました。

東北地方はずっと前から時間をかけて旅をしたいと思っていた場所。
12年前にバイクで9日間の休み利用して、岩手まで初日走って行ったものの、その後ずっと天気予報が悪かったためとんぼ返りをして信州へ目的地を変えた事があったきり。

当日早朝出発をし、遅めの昼食を取るために寄った南三陸町のホテル観洋から目の前に広がる志津川湾を見下ろした時、なんて美しい光景なんだろうと思いました。

このホテルではつい先日まで、ロビーにてココハナ写真展が開催されていました。

その後、南三陸町の町へ入っていき、まずは防災対策庁舎の前で皆でお祈り。
これまで写真やテレビなどでこの場所の映像や写真などは見てきましたが、実際にその場に立ってもなぜこんな事が起きるのか頭の中で理解する事はできません。
でも、自分の足でその場にたち、自分の目で見て、そして心に残す事ができて良かったです。

そして、仮設店舗で出来上がった南三陸さんさん商店街へも立ち寄り。
ここで、今年の3月11日からココハナの写真展示を被災地で初めて行ったそうです。

ここでは、親子2代に渡り南三陸町で写真館を営んでいた、カメラマンの佐藤信一さんにお会いする事ができました。

昨年末、日本橋高島屋で佐藤さんの写真展を偶然拝見し、その写真一枚一枚から伝わってくる想いにすごく感銘を受けた事がありました。
このとき写真館にいらっしゃるとは思っていなかったため、実際にお会いしてお話を聞く事が出来てとてもうれしかったです。

その後、今回の写真展示の場所を提供して頂いた( + 今夜のお宿)ニュー泊崎荘へ暗くなる頃到着し、写真展示を14人でしていきます。

この写真展の意義は、花の写真を見て心が安らいだり、そんな気持ちを人の心に残せたらと始められたもの。
ボランティアというのは色んな形がありますが、自分はそんなふうにして写真が誰かのために役立ってくれるのではないか、という思いを持って活動している趣旨に共感して参加をしています。

実際写真展示を終えて目の前に並ぶたくさんの色とりどりの花の写真たちを見ていると、なんとも言えない温かい気持ちになれます。
写真にはそういう力があるという事を、これまでも多く経験しています。

展示を終え、その後すぐに海まで歩いておりていき星空撮影。
夜ごはんもまだだったので1時間もいないつもりだったのですが、撮影し始めると止まりません^^;

日付が変わる頃ようやく宿に帰ってお風呂に入り、皆で晩酌。
寝たのは2時頃だったでしょうか。

そして翌朝は4時に目覚ましをセットしたのにも関わらず、気がつかず。。。
しかし、奇跡的に4時過ぎに目が覚め、急いで着替えてまた海へと降りて行きます。

この南三陸町で見た星空と夜明けの空、そして波打つ音、きっとずっと忘れられないと思います。

そしてこれから先、またいつかきっと戻ってきたいと思います。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_21344140.jpg

e0110874_2134517.jpg

[PR]

by kibunwatabibito | 2012-05-01 21:36 | ココハナ | Comments(13)
2011年 12月 07日

第6回CHANNEL写真展無事終了

12月3日(土)、4日(日)と無事CHANNEL写真展Vol.6を開催する事ができました。
初日は朝から強い雨が降り、翌日は前日の天気が嘘のように暖かく気持ちの良いお出かけ日和となりましたが、当日お越しくさいました方々、本当にありがとうございました!

CHANNEL(チャンネル)は、もともと渋谷にある写真の学校「東京写真学園」に同時期に通っていたメンバーから成り立っており、自分はAOZORA写真展を通してメンバー同士と知り合い、一昨年から一緒に参加させてもらう事となりました。

そのCHANNELも今年で6年目を向かえ、6回目の写真展となります。

ここ3回の写真展では毎年ギャラリーも変え、今回はAOZORAでは馴染みの深かった四谷ひろば内にある、ランプ坂ギャラリーにて開催を致しました。
今回自分が展示した写真は、 「夜空から夜明けの空」 をテーマに、9月に長野県野辺山高原で撮影した星空と夜明けの情景3点を展示しました。

この野辺山高原へ行った時の話は、以前のブログに載せてあります。
いつもであれば撮った写真をほとんどこのブログに載せてしまうため、写真展に展示する写真もすでに載せた物であったりする事がほとんどなのですが、今回はこの写真展用の写真はとっておいたので、改めてブログに載せてみたいとおもいます。

Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-12-07 22:26 | カメラ関連 | Comments(0)
2011年 11月 08日

星と朝焼けと富士山と

夜の3時半頃から撮影を始めて1時間あまり、5時頃になると正面の稜線あたりが微かに白み始めてきました。

この日この場所からの日の出時刻は、6時11分。

まだ1時間程あるので、肉眼ではその色の変化を捉えることは出来ませんが、この時間帯に撮影をすると朝焼けと星を一緒に映し出すことが出来るのです。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_2214751.jpg

e0110874_2214390.jpg


夜の星空と朝焼けが同じ場に存在する不思議な空間。

ほんの10分程の時間だけ見る事の出来る貴重な世界なのです。
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-11-08 22:25 | 日本の風景 | Comments(4)
2011年 11月 07日

夜景と星と富士山と・・・

今回は、11月4日(金)の深夜から出かけた久しぶりの富士山撮影の際の写真を、数回にわたって載せていきたいと思います。

今回出かけた先は櫛形山林道という場所なのですが、最近良く撮影をご一緒する写真家の武藤さんより、ここから見る富士山が素晴らしいので是非行きましょうと以前から誘われていました。

4日(金)当日、それまで特に週末どこか行こうという予定は立てていなかったのですが、昼間会社で天気予報など調べていると土曜日の午前中くらいまでは天気が持ちそうという事が分かり、もともと予定を決めておいたりするのも性に合わないですし、写真を撮るのは天候に大きく左右されるため、いつもどこかへ行く時は直前に思いつきで行動したりしています。

そこで武藤さんへ予定確認してみると、夜中であれば出られるかも知れないという事で、とりあえず一人で行くにしても櫛形山林道へ行くつもりで家に帰ってから下調べをし始めます。
下調べもついて、準備も万端となったところで、武藤さんも24時くらいに出られるという事なので、いざ出発です。

春先からは東北道ばかり走っていた気がしますが、ここ最近はなぜか中央道ばかり。
つい先日も何回か通った気がする夜道を快適に走り抜け、甲府昭和ICという今まで乗り降りした事のないIC降り、またさらに西へ進みます。

南アルプス市を抜け林道へと入っていくと、1.5車線くらいのくねくね道をひたすら走っていきます。
くねくね道は基本的に好きなのですが、真っ暗な上に道は狭く落石も多く、さらに落ち葉がたくさん落ちていて落石なんだか落ち葉なんだか良く分からない状況。
こんな道はバイクで走ってもあまり楽しめなそうだなぁ、なんて考えながら慎重に走ります。

カーブをまわって前方の道にヘッドライトが届くと、

「!?!」

なんかおっきな物体が道の真ん中にいて、あちらも驚いて山の斜面を駆け上がっていきました。

「鹿かなぁ」、「カモシカ?」なんて話しながら走っていると、今度は路側帯にで~んっと自分の背丈程ある立派な鹿が身じろぎもせずにこちらを睨んでいました。
鹿といっても、奈良公園とかにいるあんなかわいらしい鹿ではなく、立派な角を生やした鹿ですよ。

こりゃ、接触したらあちらもこちらもたまらないな、とより慎重に運転を続けると、その後も鹿や狸と道を追いかけっこしたりして、幸運にも(?)野生のナイトサファリを楽しむ事が出来ました。

話が横にそれましたが、櫛形山林道に入ってからは撮影ポイント探しです。

武藤さんは以前ここへは撮影に来ているので、大体の目安はついているようです。
まず、ここは富士山写真愛好家(?)の方々が毎晩のようにスタンバっているようで、絶好のポイントは車が何台も止まっているという話でしたが、人気がまったくない道をしばらく走っていると確かに車が数台急に現れ、道端に三脚をずらっと並べて場所取りしている場面に出くわしました。

ちょっとここにはもう止める余地はないのでそのまま進み、他に眺望がききそうな場所を探します。

しかしそれらしい場所が見つからず林道を下りきってしまい、そのまま丸山林道の方へ行ってしまいました。
しばらく道を登って通行止めの迂回路の場所まで来て、さすがにこの辺はもう撮る場所なさそうだと言う事で(丸山林道を登りきったところには、また別のポイントはあるらしいですが)、また来た道を戻っていきます。

もう一度ゆっくり注意しながら道を走って行き、なんとか木々がなく視界が開ける場所を見つけ車を止めます。

その時、富士山は車のヘッドライトで暗さにまだ慣れておらず肉眼では見えなかったのですが、とりあえず三脚を立て目の前の景色を撮ってみると・・・、富士山見えました!

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_2043880.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-11-07 21:42 | 日本の風景 | Comments(0)
2011年 11月 05日

野辺山で見た天の川・・・(2)

9月23日に出かけた長野県の野辺山での星の写真の続きです。

到着した頃、目の前の八ヶ岳の麓で灯る光が明るく、八ヶ岳を入れての撮影はまともに撮れなかったのですが、ふと気がついたらこの灯りが消えていたので長時間露光で撮影を試みます。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_201918.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-11-05 21:00 | 日本の風景 | Comments(0)
2011年 10月 30日

野辺山で見た天の川・・・(1)

前回まで裏磐梯の記事、もう一回くらい続ける予定だったのですが、その後は天候も下り坂であまり写真も撮っていないので終わりにして、9月23日に出かけた長野県の野辺山で撮った写真を載せていきたいと思います。
(実は、4日前にも行って来たのですが、その話はまた後ほど。)


もう既に1ヶ月以上経ってしまいましたが、この日23日(金)は三連休の初日、翌日のお昼に用事があったことと、裏磐梯へ行ったばかりという事もあり、この三連休は遠出はしないでおこうかなと思っていたのですが、ふと天気予報と月齢、月の入り時刻を見ていたら星が撮れるんじゃないかな?!と思い立ち、急遽その日の夕方から野辺山へ出かけることにしました。

野辺山は光害も少なく星を見る場所としては結構有名で、国立天文台があったりもします。
8月に八千穂高原行った際も、野辺山を途中通過するため夜到着してから星を撮ってみようと思っていたのですが、その時は天候があまり良くなく結局撮影は断念しました。

今回天気は良さそうで、月も月齢25の月なのですが、夜中の1時半くらいが月の出の時刻のため、それまでは空も暗く星を見るのには良いだろう、と出かける事を決めた次第です。

野辺山までは東京から3時間程で行けるので、夕方5時頃家を出発します。

長坂ICを下りて清里を通り過ぎ野辺山に近付くと、どうやら結構な雨が降っていたようで、路面がかなり濡れています。

まずは最初の目的にである平沢峠へ。

行く前に色々撮影ポイントをネットで調べており、前回八千穂高原へ行った際にも夜中に立ち寄ったのですが、ここには広い駐車場があり西側には八ヶ岳が良く見えます。

国道から外れて真っ暗闇の道を走って行くと、急に霧が出始めました。
ちょっとした峠道を昇っていくと霧もだいぶ濃くなっていき、前回も霧が濃くてダメだったので、これはまたダメかなぁと半分諦めかけていたのですが、目的地に到着するとそんなに視界に影響するほどの物ではありませんでした。

車を降りて空を見上げると・・・、全天を覆いつくす無数の星々。
東から西の空にかけて天の川がかかる様子が肉眼でもはっきりと見えました。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8 with O-GPS1
e0110874_20151346.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-10-30 20:40 | 日本の風景 | Comments(0)