気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ

タグ:山 ( 22 ) タグの人気記事


2014年 01月 07日

謹賀新年

あけましておめでとうございます!

少し遅くなりましたが、新年のご挨拶を申し上げます。

このブログを開設したのが7年前の1月10日。
最近更新する機会が少なくなってしまいましたが、今後も細く長く続けて行ければと思っています。

昨年一年は、写真を通して大きな経験をさせてもらう事が出来ました。

2月には御苗場への出展、CP+でのマイブックブースでのトークショー
2月27日~3月11日にかけては、自身初となる個展を新宿のペンタックスフォーラム(現: リコーイメージングスクエア新宿)にて開催することが出来ました。

6月にPhoto+Nico 2013への出展、また一昨年から続くココハナの活動にも参加させてもらい、東北へ。

今年一年も、変わらず写真で何か人の役に立てるようなこと、そして人の心に感動を伝えられるような写真を撮っていけたらいいなと思います。

PENTAX K-5 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC
e0110874_20491744.jpg

[PR]

by kibunwatabibito | 2014-01-07 21:14 | 日常 | Comments(2)
2011年 06月 08日

本栖湖からの夜明けの富士・・・(2)

日の出時刻の30分程前から、目で見ても分かるくらいに徐々に東の空が明るくなっていきます。
事前に調べたところでは、この時期太陽は富士山に向かってだいぶ左の方から昇ってくるようなので、日の出と富士山を一緒にというわけにはいかなそうなものの、この時間帯特有の空のブルーの色をじっくり撮影していきます。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_2314464.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-06-08 23:52 | 日本の風景 | Comments(4)
2011年 06月 07日

本栖湖からの夜明けの富士

もともとバイクで日本各地、そして海外へも旅して周り、その時見た風景を写真に残したいと購入したカメラ。
最初は使い捨てカメラから、コンパクトカメラ、一眼レフカメラへとステップアップ。

確か一眼レフ(PENTAX MZ-3)を購入したのは2度目の北海道へ行く前だと思うので、もう13年も前のことになる。

でもその頃カメラを持ち出すのは、バイクに乗って旅に出る時だけ。
それが、デジタル一眼レフを購入してからはフィルム代がかからないからと、良く写真を撮るようになった。

でも、撮りたいと思うものはやはり自然の風景。
そこで身近にある自然ということで、それまでほとんど興味のなかった花の写真を撮るようになったのだと思う。

花はそれ程遠くに出かけなくても撮れるので、必然的に被写体になる頻度は高かったのだけど、やはり風景写真を撮りたい。

という事で、この2ヶ月くらいで色々撮りました。


まずは、本栖湖からの夜明けの富士山。

きっかけは3年前の9月、翌月に備えたAOZORA写真展 in New York用に何か日本らしい風景写真をと、富士山を撮りに本栖湖へ出かけたのですが、残念ながらその時は霧のため本栖湖からは富士山を見る事叶わず。

という事で、リベンジもかねてもう一度この場所から夜明けの富士山を撮りたいと思っていたのでした。

もともと予定を立てるのが好きでなくいつも思い立って行動するもので、このときも前日の夜に思い立って準備。

本当は仮眠してからいこうかなぁと思っていましたが、なんか中途半端な時間になってしまったのでそのまま車に乗って出発です。

目的地へと到着すると、今回は富士山がちゃんと見える!

この日(4月17日)の日の出は5時7分頃。

到着したのは2時半頃。
日の出の1時間くらい前から撮ろうと思い、とりあえず仮眠しようと思いますが、とりあえず星も一緒に撮っておこうと三脚にカメラをセットします。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_22572377.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-06-07 23:08 | 日本の風景 | Comments(6)
2009年 02月 21日

世界の絶景100選・・・タラナキ山

昨日放送されていた「世界の絶景100選」という番組で、いくつかニュージーランドの景色が紹介されていました。

一つはミルフォードトラックで、以前の番組で放送されておりその時に記事を書いています。
もう一つは90マイルビーチ、そして番組冒頭に出たのがMt.Taranaki(タラナキ山)でした。

いずれの場所も訪れた事があるので、今回はMt.Taranakiについてちょっと書いてみようと思います。

北島の南西に位置するMt.Taranaki(英名:Mt.Egmont、標高2,518m)は、富士山に良く似た円錐状の美しい独立峰。
その容姿から映画ラストサムライのロケ地としても使われ、あの映画で出てくる富士山はこの山を少しCG処理した物だと聞いたことがあります。

この山は海に突き出るような場所に位置するためか天候が非常に変わりやすく、年間降水量が6,500mm~8,000mmと非常に多い場所です。(東京の年間降水量は、約1,500mm)

番組では女優の加藤ローサさんがガイドと一緒に登頂し、頂上から見渡す360度の景色を絶景として紹介していました。
富士山と比べれば1,000m以上低い山ですが、ころころと変わる天候、ガレ場や雪渓など、富士山登頂よりも難易度はずっと高いはずですので(どちらも登った事がない自分が言うのも変ですが)、良く登ったなあぁなんて感心しながら見ていました。

自分はというと、当時この山をぐるっと一周するAround the Mountain circuitと呼ばれるTramping Trackがあり、そこを4日間かけて歩いてみました。

PENTAX MZ-3/REALA ACE (COOLSCAN Ⅲ)
e0110874_20474340.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2009-02-21 21:03 | New Zealand | Comments(8)
2008年 09月 15日

美しい日本 「富士山」 ・・・ (2)

前回載せた写真、少し引いて手前も写した写真がこちらです。

PENTAX K10D+DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_10162071.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2008-09-15 11:42 | 日本の風景 | Comments(2)
2008年 09月 14日

美しい日本 「富士山」 ・・・ (1)

本栖湖での撮影を諦め次に向かう場所は、新道峠という場所。
富士山撮影の本やWEBで色々写真を見ていて、この場所から撮った夜から朝方にかけて風景が素晴らしく、是非行ってみたいと思っていました。

自分の中のイメージで、今回は夜明けの富士山を撮って見たかったのですが、この場所に行くには車で林道を登ったさきから、5分ほど山道を登れば稜線にでることができ、そこから5~10分程で富士山を見渡せる撮影ポイントがあるとのことでした。

ただ自分はまだ車の運転にも慣れていなく、土地勘もない場所に夜中に車で登って、さらに暗い中山道を歩くという事に不安を感じるので、今回は日中に下見がてら行ってみようと思っていました。

本栖湖が霧に包まれていても、標高をあげれば富士山が見られるのではと思っていたので、本栖湖での撮影は諦め、三脚カメラを車に戻して河口湖へと向かいます。

国道138号線から西湖へと向かう湖北ビューラインを走らせていると、西湖野鳥の森公園というあたりに来ると、辺りの霧も晴れてやっと富士山を見ることができました。
しかしそのまま車を走らせ西湖へと入っていくと、やはり富士山は雲に包まれてしまいます。

このあたりで日が昇り始め、湖の向こうから朝日が顔を出し始めてきました。
せっかくだから写真を撮っておこうかと、車を止めてカメラを取り出してみます。

PENTAX K10D+DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_10321612.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2008-09-14 11:18 | 日本の風景 | Comments(3)
2008年 08月 27日

Angelus Hutへ・・・(4)

Sunset Saddleからは、西の方向へ(Angelus Peakとは反対方向)へ10分くらい行くと、View Pointがあると言っていたので、バックパックを置いて行って見ることにした。
小高いPeakからはRotoroa湖が見渡せ、南の谷間もよく見える。
ここからの眺めも良いので、しばらく座って眺めていた。

PENTAX MZ-3 + TAMRON 28-200mm (COOLSCAN Ⅲ)
e0110874_21313647.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2008-08-27 21:47 | New Zealand | Comments(3)
2008年 08月 24日

Angelus Hutへ・・・(3)

今日は天気もよく、目指す方向は常に視界の中にあるので、とりあえずSunset Suddleへ向かって歩いていくことにする。
Lake Angelusから流れ出るStreamを渡ってすぐ、Trackを外れて川沿いに谷へと降りていく。右手にHinapoui Tarnが見えてきて、ここも湖面はピタッととまり周りの景色を映していた。

PENTAX MZ-3 + TAMRON 28-200mm (COOLSCAN Ⅲ)
e0110874_14405167.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2008-08-24 15:02 | New Zealand | Comments(6)
2008年 08月 22日

Angelus Hutへ・・・(2)

目の前に広がる素晴らしい風景にしばし心を奪われた後、再びバックパックを背負いAngelus Basinへと100メートル程一気に降りていくと、Angelus Hutに到着。
まだ時間が早いせいか、Hut Warden(小屋の管理人)ともう1人先着がいるだけだ。
St.Arnaudにいる時や、他のHutでも悩まされたサンドフライ(知人のサイトにて詳しく解説されています)がここにはおらず、日がとても暖かく、Hutの前にあるテラスに腰掛け、ゆっくりと景色を堪能する。
周りには人もおらず、さえずる鳥もいないので、聞こえてくる音はなにもない。
今まで泊まったHutの中でも、ここが一番素晴らしいと思えるような場所だ。

PENTAX MZ-3 + TAMRON 28-200mm (COOLSCAN Ⅲ)
e0110874_2311189.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2008-08-22 23:06 | New Zealand | Comments(4)
2008年 08月 19日

Angelus Hutへ・・・(1)

当初このブログを立ち上げた時は、ニュージーランドでの話をメインに写真を載せて行くつもりでしたが、気がつけば前回NZの事を書いてから1年も経ってしまいました。
そこで、久しぶりにまたNZで色々歩いた中でも特にお気に入りの場所、Angelus Hutについて書いていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

南島の北端にNelson Lakes National Parkという国立公園があり、その中にTravers-Sabine Circuitと呼ばれるTramping Trackがある。
そのTrackの中に、Angelus Hutという山小屋が存在する。
Angelus Hutの存在は、日本を出発する前からWEBを通して知っていて、そこで書かれてある事や写真などが素晴らしく、是非ともここへは行こうと思っていた場所だった。
北島を2ヶ月程旅した後に、12月初旬に南島に渡ってきて、まずはピクトン近くのクイーン・シャーロット・トラックや、エイベルタスマンを歩き、すぐ近くなのでここへ行こうかと思っていたのだが、まだ山の方は雪が結構残っているようだったので、南島をぐるっと回って3月にトランピングの締めくくりとして歩く事にした。

まず、ベースとなる町が St.Arnaud。
ここに到着してから天候が安定しそうな頃を見計らって、歩き出す事にする。

PENTAX MZ-3 + TAMRON 28-200mm (COOLSCAN Ⅲ)
e0110874_22582734.jpg
- 天気待ちの日の朝、朝方降った雨がやみ光が差し込む -

More
[PR]

by kibunwatabibito | 2008-08-19 23:17 | New Zealand | Comments(5)