気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 13日

北海道を旅する・・・(7)

- 旅最終日 -
2015年9月23日(水)

昨日キャンプ場に着いたときに、テントを立てる場所をいつもより慎重に考えていた。
というのも、キャンプ道具一式を今日また段ボールに入れて宅急便で家に送りかえそうと思っていたので、今日は全てを完全に乾かした状態でしまいたい。

晴れてはいても、朝晩少し冷えてくるこの時期になると夜露に朝露に色々と濡れてしまう。
とにかく翌朝、陽当たりが良い場所をと考えてテントをたてる場所を決めていた。

何時にこの辺から太陽が昇ってきて、その後も木々の陰にならないように・・・。
と、シミュレーションして昨晩はテントを張っていたのだ。

そして今朝、明るくなり始めた頃に起きだし外に出てみると、なんとスポットライトを浴びるかのようにテントに日が差し始めた!(笑)
e0110874_21092547.jpg

そこまで緻密に計算したわけではないのでこれはたまたまなんだけど、撮影時の経験がこんな形で活きるとは・・・^^;

今日も雲一つない天気で、絶好の天日干し日和。
のんびりと2時間くらいかけて、テントや食器類などのキャンプ道具一式を片付けいく。
気温は10度程で日陰にいると寒いが、日向にいると半袖でちょうど良いくらい。
太陽の光を浴びながらのんびりと過ごすこんな時間が好きで、とても気持ち良い朝だ。

今日はあとは空港へと向かうだけ。
キャンプ場から空港までは車で1時間ちょっと。
時間的には十分ゆとりがある。

荷造りを終えて車に荷物を積み込み、空港へと向かう。
なんだか思い返せばあっという間で、やっぱりもっと長い時間かけて旅をしたいよなぁと思ってしまう。


新千歳空港へと近づく頃、そう言えば今回の旅で自分が写った写真って一枚もないなぁと、運転しながらふと気がつく。

せっかくだったら北海道らしい光景の場所で一枚撮っておけば良かったと思うも、時すでに遅い。
・・・と思いながら走っていると、ちょうど右手に良い感じの未舗装路が奥へと続いていくのを見つけた!

今回の旅は何にもトラブルもなく、良いことばかりだった。
色んな事に感謝をしながら、最後に一緒に旅した車と記念撮影!
e0110874_21092650.jpg

空港へ着くと早めにチェックインをして、ハイボール買って展望デッキへ。
風にあたりながら、この旅も終わってしまったんだなぁとしみじみと思った。

e0110874_21092757.jpg
e0110874_21092753.jpg
e0110874_21092780.jpg
- 下北半島を空から望む -

[PR]

by kibunwatabibito | 2016-12-13 21:46 | 北海道 '15 | Comments(0)
2016年 12月 07日

北海道を旅する・・・(6)

- 旅5日目 -
2015年9月22日(火)

昨晩は遅くにまた雨が少し降りだしたが、朝起きるとすっかりと晴れ上がっていた。
コーヒー片手に、少し周りを散策。
朝の光が気持ち良い!
e0110874_19594450.jpg
e0110874_19594545.jpg

しばらくのんびりしながら、雨や夜露に濡れた色々なものを乾かしていく。
e0110874_19591061.jpg

明日の飛行機で帰るので、今日は新千歳空港とちょうど間くらいにあるキャンプ場を目指していくことにした。

まずは、キャンプ場すぐ近くの日本一広い(東京ドーム358個分)というナイタイ高原牧場へ。
牧場内の敷地に入ってからも、数キロ道を走り丘陵地を縫っていき、遥か地平線を見渡す見晴らしの良い場所に出た。
e0110874_19594348.jpg
e0110874_19594443.jpg
いつまでも続く直線路、地球の球であることを感じさせてくれる地平線。
バイクで旅をし始めたころに憧れた北海道の光景だ。
e0110874_19594518.jpg
その後、日勝峠(にっしょうとうげ)を抜けて山を超えて降りていくと、今日のキャンプ地である日高町にある沙流川オートキャンプ場につく。
*日勝峠、そのちょうど1年後の今年9月、台風10号の影響で橋や道路の崩落という大きな損傷を被ってしまったのはショックだった。

このキャンプ場、これまで北海道に来てから泊まってきたキャンプ場とは異質で、バンガローやオートサイトもあり、これまでの客層とはガラッと変わってファミリーキャンパーが多い。

いや、異質ではなくこれが良くある普通のキャンプ場なんだけど・・・。
フリーサイトは、芝生と木々に囲まれテント200張りの広さ。
キャンプ場のすぐ脇には川が流れ、さらには歩いて3分の場所に日帰り入浴出来る温泉がある。

こんな素晴らしい環境のキャンプ場が近くにあったらなぁ、なんて思うのだが、関東圏にあったら間違いなく人の多さが気になってしまうのだろう・・・。

それはさておき、テントを立てたらすぐ近くの町に食料と薪を買いに行く。
(ありそうなものだが、ここのキャンプ場では薪は売っていなかった。)

買い物を済ますと、さっそく風呂に浸かる。
太陽が傾きかけた美しい時間帯、風呂上がりにプシュっと缶をあけ、チビチビ飲みながら夕食を作る至福の時間。

日が暮れてからは吐く息も白く、焚き火が冷え始めた身体を温めてくれる。
最後の一泊も、ほんとうに恵まれた一日だった。
e0110874_19592911.jpg
e0110874_19595574.jpg
・・・(7)へ続く。

[PR]

by kibunwatabibito | 2016-12-07 20:08 | 北海道 '15 | Comments(0)