気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 17日

北海道を旅する・・・(5)

- 旅4日目 -
2015年9月21日(月)

朝目覚めてテントから外に出てみると、すっきりとした青空!
早朝のキリッとした冷たい空気に、体一杯に浴びる太陽の光がとても気持ち良い。
やっぱりキャンプの朝はこうじゃなくっちゃねぇ。
e0110874_22065262.jpg
気持ちの良い空気に包まれながらコーヒーを淹れて、朝食をとりながら、さてこれからどうしようかと考え始める。
この旅も、残す事あと3日。
道東の方を巡りたいものの、あまり時間がない。

一つはここを発って道東のどこかで1泊するのも手なのだが、その後の行程がきつくなってくる。

ということで、このキャンプ場も気に入ったことだし今日もここで連泊することにして、ドライブがてら摩周湖まで行って帰ってこようと決めた。

241号線を東へと進む。
天気の良い日に北海道の道を走るのはやっぱり気持ち良い。
e0110874_22065104.jpg
足寄(あしょろ)を抜けて、しばらく山に囲まれた道を進みオンネトー湖に立ち寄っていく。
以前にも一度来たことがあったが、なんとなくしか記憶に残ってなかったのでこんな場所だったか、としばらく湖畔を散策してみる。
e0110874_22065356.jpg
e0110874_22064900.jpg
- 光の差し込み方で色々と色を変える湖。 -


少し森の中へ入っていくと人はいなくなるが、湖畔沿いの細い道はシルバーウィークという事もあり車が多く、駐車にも難儀している状態だった。

その後、阿寒湖を通り抜け、弟子屈の町に入っていく。
ちょうど昼時だったので、道の駅摩周温泉の向かいにある雑貨屋さんと食堂が一緒になったつじや食堂でカレーを頂く。

この道の駅摩周温泉、以前は小さな小屋のような建物がぽつんとあっただけだったかと記憶していたのだが、いつの間にかものすごく立派な施設になっている。
当時、摩周湖から硫黄山のあたりを巡ってる途中、ひどい雷雨にあった事があった。
雨だけならまだしも、雷が遠くの方でバンバン落ちているのが見え、その雷雲がこちらにどんどん近づいてくるのがわかる。
バイクなので身を隠す場所もなければ、見渡す限りの平原で建物も無いような場所で、雷雲から逃げるように走りたどり着いたのがこの場所だった。
e0110874_22275506.jpg
- 雷雨から逃れほっとしている時の写真。 -


その後、久しぶりの摩周湖を眺めに道を上っていく。
霧の摩周湖と良く呼ばれているが、実は3回来て2回は快晴、一度だけ霧に包まれた摩周湖を見たことがあるのだが、今日も間違いなく見る事が出来るだろうと思い走っていると、なぜか途中で車が詰まっている。
e0110874_22064718.jpg
なんだろうと思っていると、どうやら第一展望台の駐車場に入るのに車が並んでいるようだ。
地図を見る限りまだ1kmちかくあるのに、車はビタッと止まってなかなか動かない・・・。

どうしても摩周湖が見たい!というわけでもないので、引き返そうかとも一瞬考えたのだが、まぁ急ぐ旅でもないししょうがないから待ってみるかなぁと、徐々に動く車の列に並び結局30分はかかっただろうか、無事駐車場に入る事が出来た。

e0110874_22064902.jpg
e0110874_22065068.jpg

本当だったら、そのあと第3駐車場へ行って屈斜路湖の方も周って帰れるかな?と思っていたのだが、まさかの渋滞で時間を食ってしまったので今日はそのまま来た道を戻る事にした。


帰り道、行きに来た道をまた2時間半かけて戻る。
ただ同じ道を走るだけだけど、北海道の道はその走っている瞬間が楽しみなのだから飽きる事はない。

そこへ、一台のバイクが前に現われて、しばらくその後ろを走ることになった。
太陽は傾き美しい光景のなか、その旅するバイクの後姿を眺め。

「やっぱりバイクでまたこうして走りたいよなぁ・・・。」
と、しみじみ思ってしまった。
e0110874_22064844.jpg


この時、ビデオも撮っていたのでYoutubeにあげてみました。
手振れがひどいですが・・・。




このときたまたま車内で流れていた音楽が、EXTREMEとMR.BIGの懐かしの曲。
僕の青春の一部分のようなもので、またバイクで旅していた頃の懐かしさと相まって、とても不思議な時間だった。


e0110874_22065223.jpg

・・・(6)へ続く。

[PR]

by kibunwatabibito | 2016-11-17 21:16 | 北海道 '15 | Comments(0)
2016年 11月 15日

北海道を旅する・・・(4)

三国峠を下りていくと、天気はどんどんと良くなりすっかり晴れ上がってきた。
太陽は傾きあたりはその光でキラキラと輝いている。
e0110874_20125902.jpg
夕暮れ前に、ようやく本日の目的地の上士幌町航空公園キャンプ場へと到着する。
このキャンプ場は広大な芝生の広場がそのままフリーサイトになっていて、当時バイクで旅していた頃も気になっていたものの泊まる機会が無かった場所。

やっぱりライダーが多く、それなりにキャンプしている人もいるのだがとにかく広いのでお隣さんまで数十メートルという余裕さ。
(地図上で測ってみたら、テントサイトの対角線上の長さがなんと250メートルもありました。)
e0110874_20130009.jpg

太陽が西に沈んで空の色が変わっていく様子を眺めながら、今朝濡れたまま撤収したテントを立て、早速夕食のパスタを茹で始める。
今日の寝場所を確保して、一息ついてハイボールを飲み始めるこの瞬間がたまらないんだよなぁ。
e0110874_20125510.jpg
このキャンプ場にはこうやって木製のイスとテーブルがあるので、ありがたく使わさせてもらう。

今日は北海道に着いてから初めての晴れた夜。
薄明のブルーから段々と濃く暗くなってきた夜空には、星が輝き始める。
満点の星空の下、しばらく焚き火をしながらお酒を飲んでいると頭上には夏の大三角と天の川が見えてきた。

しばらく星空を眺めながら、焚火にあたってゆっくりと過ごす。
酔いも回ってきた所で、せっかくなのでここで星空を撮ってみようかと、三脚にカメラをセットして撮ってみた。
e0110874_20125740.jpg
・・・が、屋外灯がまだサイトにはついているので、やはり周りが明るすぎる。

車でちょっと走れば真っ暗な場所に行けるだろうけど、もうお酒も飲んでいるのでそうもいかない。

キャンプ場から奥の方には木々の茂みがあり、向こう側がどうなっているのかは分からないがここよりはまず暗そう。
とりあえずキャンプ場の明かりが届かないところへ行ってみようかと、カメラを持って奥へと進んでみる。

木々に囲まれて真っ暗闇で周りがどうなっているのか良くわからないのだが、少し広い場所に出ると光害も無くなってくっきりと天の川が夜空にかかるのを見る事が出来た。
e0110874_20125869.jpg
e0110874_20125968.jpg

酔いも覚めてだいぶ冷えてきた頃、カメラをしまいテントへと戻ってくると、夜露に濡れた草むらを歩いたおかげで靴の中まで浸水してびっしょりになってしまっていた・・・。
でも、まさかこの場所でこんな星空を見る事が出来るなんて思ってもいなかったので、良しとしましょう。

そうそうテントへ戻る途中、なにやら近くでガサガサ音がするなと思ったら、キツネさんに遭遇。。
e0110874_20125651.jpg
e0110874_20125641.jpg

・・・(5)に続く。
[PR]

by kibunwatabibito | 2016-11-15 20:28 | 北海道 '15 | Comments(0)
2016年 11月 14日

北海道を旅する・・・(3)

- 旅3日目 -
2015年9月20日(日)

3日目の朝はまた雨で迎える。
ただ天気予報をチェックしてみると、このあと道内は好転していくようだ。
さて、これからどこへ向かおうか。

とりあえず、天気が良くなるみたいだし当初の目的地でもあった道東の方へ向かってみようかと決めた。
雨の中の撤収は出来れば避けたいよなぁなんて思っていると、そうこうするうちに雨も止んできて雲間から少し青空がのぞくようになってきた。
e0110874_21282291.jpg
- 湖に突き出るようにあるサイト。ここも良さそうだなぁ。 -

e0110874_21282327.jpg

これまでずっと曇りか雨の朱鞠内湖だったが、晴れている時の光景はまた違ったんだろうなぁという心残りのなか、キャンプ場をあとにする。


e0110874_22283643.jpg
- テントを撤収した場所から撮った景色。2日間いつもこの光景を眺めていました。 -


士別にでたあと40号線を南下していき、三国峠を目指して走る。
途中昼時になったので、どこか近くで食べて行こうかなぁと、比布(ぴっぷ)駅近くに食堂があるようなので向かってみた。

人気のない比布駅の近くまで来たとき・・・、思いがけない場所に出会った。

ブンブンハウスと呼ばれる町営のライダーハウス。
1997年に初めてバイクで北海道を旅していた時、ここに泊まった事があったのだ。
e0110874_21282406.jpg

北海道にはライダーハウスと呼ばれる無料、もしくは格安の簡易宿のような場所がある。
当時、苫小牧港のフェリー乗り場から初めての憧れの北海道の大地へ心浮きたちながら降り立ち、富良野、美瑛を回って宗谷岬へ。そこからまた南下して2日間で一気に1,000km以上走って小雨降る暗い夜にこの場所へ辿りついた事があった。
ここは当時無料で泊まることができ、畳敷きのきれいな内装でその日もたくさんのライダーたちで賑わっていたのを良く覚えている。

まさかまたこの場所に来ることがあるとはなぁ、と少し感慨深いものがある。

結局、比布には昼食を食べるという目的で来たものの、日曜日だったからかお店はどこも開いておらず、そのまま道を進むことに。
比布からは層雲峡を抜けて三国峠を目指すのだが、以前には無かったか無料の自動車専用道路が出来ており快適に道を進む。

結局食べそびれていた昼食も、たまたま途中で見つけたラーメン屋さんで食べる事が出来たのだが、結構賑わっていてみそラーメンがすごく美味しかった。

観光地でもある層雲峡は、天気もあまり良くないし以前立ち寄った事があるので今回はそのままスルー。
三国峠へと向かい標高を上げていくと、木々が徐々に色づき始めていく。
e0110874_22311544.jpg
e0110874_22312771.jpg
- 大雪ダムのあたりを少し歩いてみた。 -


やがて三国峠のトンネルを抜けると、天気は急に回復して青空が見えてきた。
なんだか久しぶりに太陽を浴びた気がする。
やっぱり天気が良いと気分も変わってくるし、北海道らしい気持ちの良い道を走るのは爽快だ。
e0110874_21283216.jpg
- 三国峠からの景色。道内最高の峠で一面の樹海が広がっています。 -

e0110874_21282098.jpg


・・・(4)に続く。

[PR]

by kibunwatabibito | 2016-11-14 22:02 | 北海道 '15 | Comments(0)
2016年 11月 11日

北海道を旅する・・・(2)

- 旅2日目 -
2015年9月19日(土)

夜明けの時間、周りが明るくなると自然に目が覚める。
テントから外へ顔を出してみると。
霧雨がしとしとと降り、しっとりとした空気に包まれた朝。
e0110874_20275780.jpg

こういう場所で過ごす時のいつもの習慣。
朝起きたらまずは湯を沸かしてコーヒーを淹れる。
サーモマグにたっぷりいれたコーヒーを片手に、とりあえずキャンプ場内や湖畔を散策してみる。

e0110874_20275899.jpg

30分ほどゆっくりとあたりを歩いて戻ると、コーヒーをカップへつぎたし朝食を頂く。
さて、今日はどうしようか。

天気予報を見てみると昨日から状況は変わらず、今日明日はまだ雨が残るようだ。
それならば、このまま今日もここに泊まってゆっくりするのが良いだろうと延泊することにした。

とりあえずなにも急ぐ事もないので、本を読んだりしながらゆっくりと時間を過ごす。
そろそろ買い物ついでにどこか温泉にでも入りに行くかなぁと、10時過ぎにようやく動き出しす。
ここからは最寄りの町、名寄(なよろ)へ向かうことにした。
e0110874_20275912.jpg
- 朱鞠内湖から町へと下っていく道。何気ない光景だけど、北海道らしくて好きな光景。 -


ちょうど昼時だったので、名寄駅前にある三星食堂で昼食を済ませ、町の北の外れにあるなよろ温泉サンピラーへ行ってみた。
ここは宿泊施設にあるお風呂を日帰りで利用する事が出来る。
北海道にはスーパー銭湯だったり、こういう日帰り入浴できる場所がたくさんあって、それもどこも安いのでとても助かる。
(ここは400円、銭湯より安いんだよね。)

のんびり湯に浸かったあとは、町に戻って買出しをする。
最初はスーパーに行こうと思っていたのだが、たまたま道を走っていて見つけた100円ショップとスーパーが一緒になったお店を見つけたので入ってみた。

こういう旅をしているとき、特にキャンプをしているには100円ショップは色々と役に立つものが入手できるのでありがたい。
今回ここで購入して当たりだったのが、吸水タオル。
東京でもたまに探してみたりするのだが、なかなか良いものが無い。
ここで見つけたのはタオル感覚で柔らかく、大きさもちょうどよく使いやすい。
キャンプをしていると、雨だったり夜露だったりでいろんなものが濡れるので、気軽に拭けるタオルが何枚かあるととても助かるのだ。

ここでは簡単な生鮮食品から食料品など必要にして十分揃ったので、ここで買い物を済ませキャンプ場へと戻っていく。


今日はシルバーウィークの初日。
今年は連休の並びも良く5連休となるので、キャンプ場も昨日から比べてだいぶ人が増えてるかなぁと思い戻ってみると、相変わらずほとんど人がいないではないですか。
自分がテントを張っている場所から、視界に入る限り人がいないんだから。。。
まぁ、天気が悪いので出足も悪いのかもしれないが、関東近県ではこれだけ良い環境の場所でこの人出というのはまずありえない。
北海道、やっぱりいいよなぁって思ってしまう。

今日はまだ明るいうちから夕食の支度をして、のんびり晩酌をしながら時間を過ごす。
初日にテントを張るときに場所を決めた理由として、すぐ目の前の湖畔に下りていくとちょっとしたスペースがあり、ここで夜は焚き火しながらのんびりしてみたいなと思っていたのだ。

贅沢な眺めを独り占め。
焚火とお酒と。
いつまで見ていても飽きない光景。
e0110874_20275838.jpg

しかし、しばらくするとまた雨が降ってきてしまった。
タープの下へ場所を移し、22時頃にはテントの中眠りにつく。

e0110874_20275915.jpg

- 向こうに見える光がお隣さん。適度な距離感が心地良い。 -


e0110874_20280090.jpg
明るく光るのは、方向的に名寄か美深の町灯り。
直線距離にしてここから20kmはあるのに、これだけ明るく見える。
撮影データは、ISO800, F4.0, SS99sec。
星がたくさん写るくらいの露光なので、実際の見た目にはどれだけ暗いか想像できるでしょうか。
(ちなみに、このブログの写真は全てExifを残しています。)

e0110874_20280001.jpg

・・・(3)へ続く。

[PR]

by kibunwatabibito | 2016-11-11 20:49 | 北海道 '15 | Comments(2)
2016年 11月 09日

北海道を旅する・・・(1)

- 旅1日目 -
2015年9月18日(金)

新千歳空港へ到着すると、まずはターミナル内にある「スノーショップ」というお店へ。
ガスカートリッジが郵送もできず飛行機内へも持ち込めないため、まずはここで入手。(料金は高めです。)
その後、空港のヤマト運輸のカウンターへキャンプ道具一式を詰めた荷物を受け取りに行く。

今回の旅、レンタカーを借りてキャンプ場に泊まりながら旅をするつもりでいたのだが、キャンプ道具一式をどのように持っていくかを当初悩んでいた。
ずいぶん昔の例だと、2001年にニュージーランドへバイクで旅しに出かけた時はバックパックにキャンプ道具含め一式背負って行ったのだが、今はそんなに荷物もコンパクトに収まらない。。。

ということで、見つけたのが空港のヤマト運輸の営業所止めで荷物が送ることが出来るサービスだった。

無事カウンターにてどでかいダンボール箱を受けとり、今回利用するスカイレンタカーの営業所へ。
今回借りた車は、トヨタのアクア。
普段乗っているのがフィットなので、違和感もなく乗りやすい。
(6日間のレンタルで、免責補償も含めて24,351円。だいぶ安いよね?)

e0110874_1958987.jpg

- バックパックの下にあるのが、キャンプ道具など詰まったダンボール。 -

さぁ、車を受け取ったしどこへ行こう!?
・・・そう、まだこの北海道の旅では具体的な予定は何も立てておらず、とりあえず僕の好きな道東方面を回ろうというくらいのざっくりした予定しかなかったのだ。

旅をするのに重要なのが天気。
それもキャンプをしながらの旅なので、ことさら天候は気にかかるところ。

という事で、まずは天気予報を見てから行先を決めようかとスマホで調べてみたのだが、今日から3日間北海道はずっと雨マークがついている・・・。
最初向かおうとしていた道東方面はこれからさらに悪化する模様で、道内で幾分天気の崩れが緩やかなのが道北方面。

という事で、行き先はとりあえず北の方へ。

途中、レインウェアのズボンを荷物の中に入れ忘れた事に気が付く。
数日は雨中キャンプのつもりだし、ないと困るよなぁ・・・。
そこで余計な出費になってしまったが、空港から最寄のアウトドアショップである北広島市のモンベルに寄って購入し、今日のキャンプ地に決めた朱鞠内湖へ目指す。

当初は北海道だし高速なんか使わないだろうなぁと思っていたのだが、どうも下道で行くと夕暮れ迄にキャンプ場に着けなそうだったので、いきなり高速を使って(北海道初の高速)岩見沢、美唄、滝川と抜けて深川西ICで降りてようやく下道へ。

幌加内あたりまでくると車もほとんど見かけなくなり、道の左右にどこまでも広がっているそば畑を横目に、今日の目的地の朱鞠内湖畔キャンプ場へと到着した。

受付でとりあえず一泊分の料金と薪を一束を買い、テントを張る場所を探しに場内を車で回ってみる。
さすが北海道、キャンプ場そのものがものすごく広い。

湖畔沿いに良さそうな場所を見つけ、テントを張りおえるともう太陽が沈みかけていた。
e0110874_19581949.jpg


今日は途中スーパーに寄っている時間もなかったので、晩御飯は途中寄ったコンビニで買ったチャーハンを軽く炒め直して頂く。

あとは角瓶(黒)で作ったハイボールとつまみで、焚き火にあたりながらゆっくりとした時間を過ごす。
途中雨が降り出すも、今回は小さいタープも持ってきているので、雨の中でも外で過ごせるのが嬉しい。

まわりには見渡す限り人はおらず、聞こえるのは焚き火がたてる静かな音と、タープをたたく雨音のみ。
e0110874_1958244.jpg


旅の初日から雨、そして行き先も行きたかった道東からいつのまにか道北へ。
マイナスのことのように聞こえるかもしれないけれど、そういった思い通りにならない事も旅の楽しさの一つ。

北海道へ来てやっぱり良かったなぁという思いを噛みしめて、旅の初日を終える。

e0110874_19582664.jpg

- 成田を発ってすぐ、東京湾に浮かぶアクアライン -
e0110874_19583038.jpg

- ついに北海道へ! -

e0110874_20182949.jpg



・・・(2)へ続く。
[PR]

by kibunwatabibito | 2016-11-09 20:38 | 北海道 '15 | Comments(0)