気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 27日

古河総合公園の蓮・・・(2)

前回に続きまして、古河総合公園の蓮です。

PENTAX K-7 + DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_2044074.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2010-07-27 20:46 | Flower - 花 - | Comments(8)
2010年 07月 25日

古河総合公園の蓮・・・(1)

もう先週の事になってしまいましたが、7月18日(日)に古河総合公園へまた蓮を撮りに行ってきました。
実は昨年もまったく同じ日にこの場所に来ており、これまで蓮というと行田市にある古代蓮の里へ良く行っていたのですが、ここの方がずっと人が少なくて快適だということがわかったので、今年も再訪しました。

この日は彼女をピックアップしていくので3時過ぎに家を出て、途中首都高に乗って東北道へと乗り継ぎ(今回は間違えて常磐道方面へ行きませんでした!)、現地に到着したのは5時半頃。

先週の古代蓮の里と大体同じくらいの時間に到着しており、古代蓮の里の方はこのくらいの時間の時はまだ開いていない花が多かったのですが、こちらは既に結構な数の花がもう開いています。
ここの蓮は、先日の千葉公園の蓮と同じく大賀蓮です。

今週も先週に引き続き天気良すぎで、花に太陽光がもろに当たってしまうので撮影にはあまり向かない日でしたが、とりあえず目で見て楽しみながら撮影していきます。

PENTAX K-7 + DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_13574237.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2010-07-25 14:05 | Flower - 花 - | Comments(4)
2010年 07月 19日

古代蓮の里へ・・・(3)

実は昨日、今度は古河総合公園へ蓮を撮りに行ってきたんですが、先週の古代蓮の里の写真がまだ少し残っていますので、載せておきたいと思います。

PENTAX K-7+DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_958846.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2010-07-19 10:09 | Flower - 花 - | Comments(8)
2010年 07月 17日

本日の夕焼け

先週末、先々週末と蓮の撮影が続いていましたが、懲りずに明日も行くので3連チャンです!
という事で、夕方またレンタカーを借りにいったわけですが、家の前の道路は19時以降駐車禁止じゃなくなるので、それまでせっかくだしどこか行くかと寄り道してきました。

向かうは若洲海浜公園。
都内にありながら穴場というかマイナーなスポットだと個人的に思っているのですが、実際こちらへ向かうのはもう10年以上ぶりでしょうか。
ちょうど日暮れ時だし西側開けていそうなので夕焼けでも見られたらいいなぁと思い向かったのですが、途中で357号がちょっとした渋滞になりなんだか途中でもう日が沈んでしまいそうな感じでした。

バックミラーで見る西の空は、上空に結構厚く雲がかかっているので、これはダメかなぁと諦め半分だったのですが、ようやく渋滞を抜けて若洲海浜公園へと南下すると南の空がいい感じに焼けてきました!

本当は突き当りまでいって視界の良さそうな場所を探そうと思っていたのですが、そんな余裕もなく路肩に車を止めて止めてぱちり。

PENTAX K-7 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_20571269.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2010-07-17 21:01 | 都内の風景 | Comments(10)
2010年 07月 16日

古代蓮の里へ・・・(2)

また少し間があいてしまいましたが、前回に引き続き古代蓮の里で撮った蓮の写真について。
今回は、たまには花の写真を撮るときにどんな事を考えながら撮っているかということなど、書いていってみたいと思います。

まず、花の写真を撮るとなれば 1.花の咲いている情景がわかる引いた写真 2.メインとなる花を大きく写した写真 3.花の一部分をクローズアップした写真 と大まかに3つに分けることが出来ると思います。

自分はどちらかというと、一輪の形の良い花を探してその花をメインにして撮影する事が多いです。

今回訪れた古代蓮の里には、それこそ多くの蓮の花が咲いており、目で見て観賞する分にはどれもきれいなのですが、いざ写真に撮ろうと思うと中々状態の良い花とは見つからないものです。(個人的な好みもあるとは思いますが)

そして、被写体となる花を見つけたら写真を撮るわけですが、ここでもう一つ重要な事が背景をどう描写するかです。

まだ花の写真を撮り慣れていない頃は、とかく撮りたいと思った花を見つけたらそのまま深く考えずシャッターを押していたものでしたが、写真を撮る、撮った写真を見る、他の人の撮った写真を見る、などを繰り返していくうちに主題となる花も大事ですが、それと同じくらい背景がその写真の持つイメージを大きく印象付けるという事をなんとなく意識するようになってきました。

一眼レフカメラでの撮影の場合、コンパクトカメラでは撮ることの難しいボケを生かした写真を撮る事が出来ますが、花にピントを合わせてあとは背景をとにかくぼかせば良い写真が撮れるというわけでもないので、難しいところです。

ボケを生かした写真を撮る上で、前回触れた玉ボケもアクセントの一つで、個人的に積極的に取り入れる表現の一つです。

ではどうやって玉ボケを作るかというと、過去に書いた記事がありますのでご興味ある方はそちらをご参照ください。
WEB上で検索してももっと分かりやすく載っているサイトがあると思います。

前置きが長くなりましたが、今日はそんな事を考えながら撮った写真たちです。

PENTAX K-7+DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_21465157.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2010-07-16 22:17 | Flower - 花 - | Comments(4)
2010年 07月 11日

古代蓮の里へ・・・(1)

先週末は千葉公園へ蓮を撮りに出かけ、今年はあと一回古河総合公園へ蓮を撮りに行こうと考えていました。
去年まで3年続けて出かけていた古代蓮の里、今年は行く予定はなかったのですが、木曜日の夜にふと思い立ちレンタカーを予約して昨日行ってきてしまいました。

天気予報では土曜日の朝方まで雨が残り、雨の蓮を一度は撮ってみたいと思いつつ、これまで機会がなかったのでそれも一つの動機です。

しかし朝3時過ぎに目を覚まし天気を確認してみると、状況は変わって6時過ぎくらいから晴れの予報になっています。
確かに家を出る頃、まだ空に多少雲は残っているもののこのまま流れていきそうな感じ。
首都高に乗り入れ次第に白み始めた空の下、The New Mastersounds等のノリの良い曲をかけ調子に乗って走っていたら、途中分岐を間違え東北道に行かなければならないところ、常磐道方面へ向かってしまいました。。。

外環が繋がっていたので事なきを得て、古代蓮の里へ到着したのは5時半。
こんな時間なのに結構な数の人が既にいます。

空はすっかり晴れ渡り、雨粒に打たれた蓮の姿を撮ろうという目論見は既に途絶えたわけではありますが、近づいて蓮を見てみると昨晩降った雨の水滴が花びらや蓮の葉にまだ多少残っており、これはこれで面白い写真が撮れるかも!とカメラを早速取り出します。

まず目に付いたのが、蓮池にぽつんとある一本の蓮。
この蓮の花そのものは、まだ開き始めたばかりということもあるし、形も特別美しいわけではなかったのですが、池の表面に広がる蓮の葉には無数の水滴がついており、正面からちょうど差し始めた太陽の光によってきらきらと輝いている様子を背景に入れて、光の玉ボケを狙って撮ってみます。

PENTAX K-7 + DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_1354437.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2010-07-11 14:38 | Flower - 花 - | Comments(11)
2010年 07月 04日

千葉公園の大賀蓮・・・(2)

昨日の記事に引き続き、千葉公園の蓮です。

蓮の中にも色々種類がありますが、ここ千葉公園の蓮は「大賀ハス」と呼ばれる種類の蓮です。

大賀蓮は、昭和26年3月千葉検見川東京大学グランド地下より遺跡発掘作業の際に発見された実から開花したもので、今から約2000年前(弥生時代)の物と鑑定されています。
見つかった3粒の蓮の実の発芽を試みたものの、2粒は失敗し残りの1粒の発芽に成功したそうです。

発掘の経緯についての詳細は、こちらに詳しく記述があります。
【大賀蓮の発掘の経緯】 

この蓮の実の発見者、発芽育成者の大賀博士の名前をとって「大賀ハス」と名づけられています。
ここ千葉公園の大賀蓮は、その古代の眠りから蘇った蓮の子孫が移植され現在多くの大賀蓮が毎年開花しています。
大賀蓮は「世界最古の花」として、海外でも大きい反響を得ているそうです。

なお、蓮は植物のなかでも、もっとも古いもののひとつといわれ、およそ 1億4000万年前に、すでに地球上に存在していたといわれています。

泥沼の中に根を張り、一年に一度4日間だけその美しい花を咲かせるその姿だけでも神秘的なものを感じますが、そんな経緯も知りながら実際に蓮の花を見てみるとより興味も深まるかもしれません。

PENTAX K-7 + DA★ 50-135mm F2.8
e0110874_16492678.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2010-07-04 16:51 | Flower - 花 - | Comments(4)
2010年 07月 03日

千葉公園の大賀蓮・・・(1)

気がつけば今年も1年の半分が過ぎ、本格的に夏の季節へと移り変わろうとしています。

そんな中、7月と言えば蓮の時期。
この数年恒例のように蓮が咲けば撮りに出かけ、蓮で有名な埼玉県行田市の古代蓮の里へは去年まで3年連続で訪れることになりました。

過去の記事は、下記をご参照ください。
2007年7月
2008年7月
2009年7月

今年も蓮は撮っておきたいなぁと思っていたのですが、これまで行った事のない千葉公園の蓮が見ごろであるという事がわかったので、早速今日出かけてきました。

アクセスはといえば、総武線で千葉駅まで1本という思いの他近いという事が、今頃になって分かりました。

5時過ぎの電車に乗って千葉駅に着き、そこから歩いて10分ちょっと、公園に到着するとまだ6時過ぎだというのに結構な人が蓮池にいます。

まずは到着して最初に撮ったのが、この一枚。

PENTAX K-7 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
e0110874_16385230.jpg


Read more
[PR]

by kibunwatabibito | 2010-07-03 16:49 | Flower - 花 - | Comments(8)