気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 24日

暮れてゆく都心の空を・・・

さて、昨日の昭和記念公園からの帰り道、東京駅に着いたのが午後4時頃。
今日は雲もなく、あと30分もすれば日は沈んでいくので、せっかく持って行ったのに結局使わなかった三脚もある事だし、夕焼けから夜にかけての空を撮ってみようかと、皇居の方に向かって歩いていきました。

なんで皇居かといえば、単純に空が広いから(笑)

和田倉門から東京駅に伸びる道沿いにある銀杏の木は、もう日は傾いていたので、写真には撮りませんでしたけど、こちらも見事に色づいている。

しばらく周辺を歩いて、どこから撮ろうかなぁと思案します。

最初は銀杏の木をシルエットに入れようかと思いましたが、まだ葉もたくさんついているので、シルエットにするにはちょっとうるさすぎる。

結局落ち着いたのは、2年前にバイクで走っていてたまたま夕景に見とれて写真を撮った所と同じ場所。

昨日の日の入りが16:30、それから刻々と変わっていく空の色を眺めながら、写真を撮るのに良い頃合までもう少し待ちます。

目で見た感じではいいかなと思う頃でも、写真を撮るには結構明るかったりするのです。

南西の空に一際明るい金星が輝き始めた頃、夜へと移り変わる束の間の時間に見せる空の表情は、都会から見ていてもやはり美しいものです。

PENTAX K10D+DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_15160100.jpg




DA★ 50-135mm F2.8
e0110874_1518389.jpg


DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_15183435.jpg

[PR]

by kibunwatabibito | 2008-11-24 15:32 | 都内の風景 | Comments(2)
Commented by initial_f3 at 2008-11-25 19:49
2枚目はとても夕暮れの雰囲気が出ていますね。
3枚目のテールライトとのコラボもまた見応えあります。
東京駅から皇居側へ歩いた所ですか?

その近辺から東京タワーの印象が無かったものでf^^;

Commented by kibunwatabibito at 2008-11-25 22:07
>initial_f3 さん
場所は東京駅の正面の道をまっすぐ皇居まで突き当たったところで、和田倉噴水公園を背にした角の交差点です。

確かにこの辺りだと東京タワーは少し遠いんですけど、たまたま高いビルが間にないせいか、東京タワーが見えるんですよねぇ。


<< 皇居前の銀杏並木      昭和記念公園の紅葉 >>