2008年 11月 14日

フィルムスキャナー復活

フィルムからデジタルに移行して3年余り、デジタル一眼レフを使うようになってからは、さっぱりフィルムカメラを使わなくなってしまったのですが、フィルムで撮っていた頃の写真もたくさんあります。
それこそ海外で撮ったものは、昨年のカナダのユーコン川と今年のニューヨークを除けば、全てフィルム(ポジ)で撮ったものです。

当時は現像した後、フィルムスキャナを使用して取り込んで、写真をデジタル化して使用していましたが、そのフィルムスキャナもPCをWindows XPの自作機に変更してからはPCがスキャナを認識してくれず、ずっと使えないままの状態でした。

その当時のデジタル化した写真を改めて見ると、その頃まだデジタル画像に対する知識も乏しく、白とびしてたり、階調が飛んでたり、ノイズがひどかったりで、もう一度取り込みし直したいと思うような写真もあったりするので、再度スキャナを使えるようにしよう!と試してみました。

使用しているフィルムスキャナは、ニコンのCOOL SCAN III(クールスキャンⅢ)。



フィルムスキャナ自体の需要の低さからか当時から非常に高く、10年近く経ちますが、せっかく10万近く出して買ったものを使えないままではもったいないです。

PCとの接続は、今ではもうあまり使われていないSCSI(スカジー)ボードを介していますので、おそらくこのSCSIとPCの相性なのではないかと疑っていました。
SCSIボードは当時も相性の問題で一度買い換えており、adaptecの2910Cを使用。

色々調べていると、どうもSCSIを接続するにあたってASPIというドライバが必要だったようで、adaptecのダウンロードページからXP用のファイルを入手して、インストール。

クールスキャン用の最新のファームウェアソフトウェアもニコンのHPよりダウンロードして、起動してみると・・・認識してくれました!!

さっそく気になっていた写真を試しに取り込みなおしてみました。

1枚目がこちら。

- Glenorchy/New Zealand -
e0110874_22491161.jpg

このサイズだとぱっと見あんまり気にならないかもしれまえんが、左上部の雲が一部完全に白とびしてしまっている部分があります。

拡大した写真が、こちら。
e0110874_22504798.jpg


そして取り込みなおした写真が、こちら。

e0110874_22511379.jpg


そんなに違いは感じないのかもしれませんが、雲のディティールは少しは取り戻せたと思います。


次の写真がこちら。
e0110874_22533861.jpg


これはフィルムの粒状感を通り越して、ノイズがひどくなりすぎており、コントラストも強すぎて階調も飛び気味です。
なぜかオリジナルデータがこんな写真しか残っていなかったので、これも取り込みなおしたものが、こちら。

- プカキ湖越しのマウントクック -
e0110874_225765.jpg

見たときのイメージにだいぶ近くなってきました。

また時間があるときにでも、バイクで北海道を周った時のネガの写真等をスキャニングしてみようかなぁと思います。
[PR]

by kibunwatabibito | 2008-11-14 23:00 | カメラ関連 | Comments(3)
Commented by ひゅう太 at 2008-11-15 00:35 x
すごい綺麗!
デジタルとはまた違う雰囲気の写真ですねー。
Commented by initial_f3 at 2008-11-15 09:53
なんか部屋に飾りたいようなすばらしい写真ですね!
一枚目の雲と霧(これも雲?)の高原の風景といい次の雪山といい
いい見応えありました。
フィルムは写るんです程度の使用経験しかありません(汗)
Commented by kibunwatabibito at 2008-11-15 21:18
>ひゅう太 さん
フィルムにはフィルムなりの良さがやっぱりまだあるんでしょうねぇ。
でも中々今となっては戻れません^^;

> initial_f3 さん
一枚目の写真は、奥のほうは霧がかかってたんですよぉ。
この後車で走っていくと、真っ白で何にも見えなくなってしまいました^^;


<< 昭和記念公園の紅葉      谷津バラ園へ >>