気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 14日

北海道を旅する・・・(3)

- 旅3日目 -
2015年9月20日(日)

3日目の朝はまた雨で迎える。
ただ天気予報をチェックしてみると、このあと道内は好転していくようだ。
さて、これからどこへ向かおうか。

とりあえず、天気が良くなるみたいだし当初の目的地でもあった道東の方へ向かってみようかと決めた。
雨の中の撤収は出来れば避けたいよなぁなんて思っていると、そうこうするうちに雨も止んできて雲間から少し青空がのぞくようになってきた。
e0110874_21282291.jpg
- 湖に突き出るようにあるサイト。ここも良さそうだなぁ。 -

e0110874_21282327.jpg

これまでずっと曇りか雨の朱鞠内湖だったが、晴れている時の光景はまた違ったんだろうなぁという心残りのなか、キャンプ場をあとにする。


e0110874_22283643.jpg
- テントを撤収した場所から撮った景色。2日間いつもこの光景を眺めていました。 -


士別にでたあと40号線を南下していき、三国峠を目指して走る。
途中昼時になったので、どこか近くで食べて行こうかなぁと、比布(ぴっぷ)駅近くに食堂があるようなので向かってみた。

人気のない比布駅の近くまで来たとき・・・、思いがけない場所に出会った。

ブンブンハウスと呼ばれる町営のライダーハウス。
1997年に初めてバイクで北海道を旅していた時、ここに泊まった事があったのだ。
e0110874_21282406.jpg

北海道にはライダーハウスと呼ばれる無料、もしくは格安の簡易宿のような場所がある。
当時、苫小牧港のフェリー乗り場から初めての憧れの北海道の大地へ心浮きたちながら降り立ち、富良野、美瑛を回って宗谷岬へ。そこからまた南下して2日間で一気に1,000km以上走って小雨降る暗い夜にこの場所へ辿りついた事があった。
ここは当時無料で泊まることができ、畳敷きのきれいな内装でその日もたくさんのライダーたちで賑わっていたのを良く覚えている。

まさかまたこの場所に来ることがあるとはなぁ、と少し感慨深いものがある。

結局、比布には昼食を食べるという目的で来たものの、日曜日だったからかお店はどこも開いておらず、そのまま道を進むことに。
比布からは層雲峡を抜けて三国峠を目指すのだが、以前には無かったか無料の自動車専用道路が出来ており快適に道を進む。

結局食べそびれていた昼食も、たまたま途中で見つけたラーメン屋さんで食べる事が出来たのだが、結構賑わっていてみそラーメンがすごく美味しかった。

観光地でもある層雲峡は、天気もあまり良くないし以前立ち寄った事があるので今回はそのままスルー。
三国峠へと向かい標高を上げていくと、木々が徐々に色づき始めていく。
e0110874_22311544.jpg
e0110874_22312771.jpg
- 大雪ダムのあたりを少し歩いてみた。 -


やがて三国峠のトンネルを抜けると、天気は急に回復して青空が見えてきた。
なんだか久しぶりに太陽を浴びた気がする。
やっぱり天気が良いと気分も変わってくるし、北海道らしい気持ちの良い道を走るのは爽快だ。
e0110874_21283216.jpg
- 三国峠からの景色。道内最高の峠で一面の樹海が広がっています。 -

e0110874_21282098.jpg


・・・(4)に続く。

[PR]

by kibunwatabibito | 2016-11-14 22:02 | 北海道 '15 | Comments(0)


<< 北海道を旅する・・・(4)      北海道を旅する・・・(2) >>