2012年 10月 21日

心に花を*フォトプロジェクト ~桜の植樹へ~ ①

10月12日(金)の夜から14日(日)にかけて、ココハナ*桜咲かそうプロジェクトの活動として東北へ行ってきました。
今回はその時の様子を何回かに分けて書いて行こうと思います。

まずは、ココハナとは何か。

“心に花を*フォトプロジェクト”
「ストレスを抱えている沢山の人たちの‘心に花を’届けたい。」
HP, Blog. FB

2011年3月、あの震災のすぐあと、写真が好きな自分たちに今できることは?
始まりはTwitter等を通してWeb上でのお花の写真を掲載して誰かの心を癒せたら、そんな想いから活動から始まりました。

この活動は日本全国の方から賛同を得て、アップされた花の写真は、数えられるだけで10万枚を超えているそうです。
Twitterでの投稿写真は「#kokohana」で検索すると見ることができます。

そんなWeb上での活動から発展し、2011年11月からは花の写真を公募し、病院や被災地で実際に巡回写真展を行うようになりました。

これまでの写真展の活動履歴については、以下のHPにて見る事ができます。
http://www.kokohana.org/exhibition.html

公募した花の写真を実際に展示をして、被災地の人達の心に花を届けたいと巡回展示を続けられてきた「ココハナ写真展」。
ココハナ写真展2nd seasonの、最終展示会場となった石巻市にあるGalleryCafe 「Cafe NOON」も津波の被害を受け、カフェの前から海側への20本ほどの桜並木は海水をかぶったため咲かなくなってしまいました。
震災直後の去年の春は、何とか花が咲き、みんなの気持ちを励ましてくれた桜でした。

「この場所にまた桜をさかせたい!」

ココハナ実行委員の方達が思い立ち、『ココハナ*桜咲かそうプロジェクト』が立ち上がりました。

この話を聞いたのは、5月20日にココハナのイベントで昭和記念公園へ撮影へ行った帰りの懇親会の時でした。
桜の植樹をするためには、資金が必要です。
その資金をどうやって調達するのか。

懇親会に参加していたメンバーで案を出したりして話をしました。
ココハナ実行委員のむらいさちさんは、ただ募金を募ってお金を集める事はしたくないとの事。
せっかく自分達は写真が好きで集まっているので、みんなで集まって参加する人も楽しめる写真のイベントで資金を集めたいと。

そこで開催されたのが、『ココハナデイ』でした。
著名な写真家の方々に何人も協力頂き、多くの人が出展、参加して桜植樹の為の資金を集める事が出来ました。

話は前後しますが、この思いつきで始まった桜の植樹、桜を植えようとしている場所は私有地ではありませんので当然管轄する市の許可が必要となります。
お金は集められても、行政の許可が下りなければ何もできません。

しかし、難しいと思われていたこの交渉も、地元の方々の熱意ある行動で無事許可を得る事が出来たとの事です。

そんなこんなで、話が出た5月の終わりからあっという間にイベントを企画し成功させ、実際の植樹の段取りまで全てこなし、実際にこの日を迎えました。
自分はただ参加者として一緒に現地に行かせてもらっただけなのですが、現地の方々等にも多くの協力を得ながらも、ココハナ実行委員のたった3人で実際にここまでやり遂げてしまったという事は、本当に頭が下がる思いです。


・・・と話が長くなってしまいましたが、ここからが本番です(笑)
次回以降に続きますが、文字ばかりになってしまったので一枚だけ写真を。

今回の植樹の際、現地でのココハナ写真展の展示作業もしてきました。
150人にものぼる参加者の花の写真が展示される模様は、とてもすごいです。
今回、自分がこのココハナ写真展に出展した写真をこちらに載せておきます。
e0110874_11385077.jpg


この写真は新宿御苑の八重桜です。
桜の樹の下に人が集まり、とても幸せな時を感じる光景でした。

こんな風にこれから植樹する場所にもまた桜が咲き、笑顔がたくさん集まるようにという願いを込めて選んだ一枚でした。
[PR]

by kibunwatabibito | 2012-10-21 11:51 | ココハナ | Comments(0)


<< 心に花を*フォトプロジェクト ...      東北からただいま >>