気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 10日

湧き上がる雲海と富士山と

それまで夜空に輝いていた無数の星々も、東の空が徐々に明るみを増していくに連れ姿を一つ、また一つと消えていきます。

それまで眼下の街灯りの上に薄く霧のようにかかっていた雲は、次第にその厚みを増し、どこからともなく流れ集まり始め、なんと雲海が出来上がってきました。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_19481995.jpg




この時間帯、写真としてその一瞬を切り取る事の出来る空のグラデーションは美しく、思いがけず目の前に広がり始めた雲海に目を奪われていると、ふと気がつけば自分達の上にまでかかるように巻雲(けんうん)が広がっていました。
e0110874_1948183.jpg

e0110874_19482070.jpg

日の出まではまだ30分程ありますが、巻雲には少し色がつき始めています。
(雲の中では、この巻雲が最も高いところ(5~13km)に発生します。)

これはもしかしたら面白い朝焼けになるかもなぁ、と期待をしながら徐々に色づき始めてきた空と雲海と富士山を撮っていきます。
e0110874_19481643.jpg

e0110874_19481586.jpg



・・・続く。
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-11-10 20:15 | 日本の風景 | Comments(0)


<< 雲海に浮かぶ富士、そして朝焼け...      星と朝焼けと富士山と >>