気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 30日

野辺山で見た天の川・・・(1)

前回まで裏磐梯の記事、もう一回くらい続ける予定だったのですが、その後は天候も下り坂であまり写真も撮っていないので終わりにして、9月23日に出かけた長野県の野辺山で撮った写真を載せていきたいと思います。
(実は、4日前にも行って来たのですが、その話はまた後ほど。)


もう既に1ヶ月以上経ってしまいましたが、この日23日(金)は三連休の初日、翌日のお昼に用事があったことと、裏磐梯へ行ったばかりという事もあり、この三連休は遠出はしないでおこうかなと思っていたのですが、ふと天気予報と月齢、月の入り時刻を見ていたら星が撮れるんじゃないかな?!と思い立ち、急遽その日の夕方から野辺山へ出かけることにしました。

野辺山は光害も少なく星を見る場所としては結構有名で、国立天文台があったりもします。
8月に八千穂高原行った際も、野辺山を途中通過するため夜到着してから星を撮ってみようと思っていたのですが、その時は天候があまり良くなく結局撮影は断念しました。

今回天気は良さそうで、月も月齢25の月なのですが、夜中の1時半くらいが月の出の時刻のため、それまでは空も暗く星を見るのには良いだろう、と出かける事を決めた次第です。

野辺山までは東京から3時間程で行けるので、夕方5時頃家を出発します。

長坂ICを下りて清里を通り過ぎ野辺山に近付くと、どうやら結構な雨が降っていたようで、路面がかなり濡れています。

まずは最初の目的にである平沢峠へ。

行く前に色々撮影ポイントをネットで調べており、前回八千穂高原へ行った際にも夜中に立ち寄ったのですが、ここには広い駐車場があり西側には八ヶ岳が良く見えます。

国道から外れて真っ暗闇の道を走って行くと、急に霧が出始めました。
ちょっとした峠道を昇っていくと霧もだいぶ濃くなっていき、前回も霧が濃くてダメだったので、これはまたダメかなぁと半分諦めかけていたのですが、目的地に到着するとそんなに視界に影響するほどの物ではありませんでした。

車を降りて空を見上げると・・・、全天を覆いつくす無数の星々。
東から西の空にかけて天の川がかかる様子が肉眼でもはっきりと見えました。

PENTAX K-5 + DA★ 16-50mm F2.8 with O-GPS1
e0110874_20151346.jpg




前回裏磐梯で見たときの星の数も感動物でしたが、あちらでは天の川は薄っすらとかかっているのが分かる程度、こちらは本当に一目でわかるくらいに全天に大きくアーチを描く様にかかり、こんな星空はニュージーランドのテカポで見たとき以来かもしれません。

日本でも、それも東京からほんの3時間で行ける場所でこんな星空が見る事が出来る場所があるんだなぁと、ちょっと驚きです。

しかし、目の前にある八ヶ岳ですが、スキー場でしょうか?照明が灯っており、周りになにも光がないなかその光がものすごく明るく感じます。

ためしに八ヶ岳を入れて星を撮ってみようと思ったら、こんな事になってしまいました。
e0110874_20151373.jpg

まるで何かが大爆発でもしたかのようです(笑)

仕方ないので、この光をちょっと利用して、車と天の川をセットにして撮ってみました。
e0110874_20151361.jpg

この方角(南西)の空、北杜市でしょうか。15キロは離れていると思うのですが街灯りがかなり明るく見えます。

最後にもう一枚、またO-GPS1を使用して星を追尾撮影します。
e0110874_20151240.jpg
16mm / F3.5 / 120sec / ISO1600


・・・(2)に続く
[PR]

by kibunwatabibito | 2011-10-30 20:40 | 日本の風景 | Comments(0)


<< 野辺山で見た天の川・・・(2)      裏磐梯へ・・・(12) (虹に... >>