気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 31日

New 三脚&雲台 ファーストインプレッション

さて、先日購入した三脚と自由雲台について、昨日実際に使用してみての実感等を書いてみたいと思います。

まず購入したものですが、三脚はGitzo(ジッツオ)のGT1530、雲台が梅本製作所の自由雲台 SL-50ZSCです。

GT1530は、現在GT1531という三脚の型落ちバージョンなのですが、物自体はほぼ一緒です。
簡単な仕様は以下の通りです。
伸長:134cm、 エレベーター使用時:155cm、 ローアングル時:34cm、 縮長:62cm、 重量:1.15kg、 耐荷重:8kg、 段数:3段

そして自由雲台のSL-50ZSCは、
高さ:105mm、 重量:365g、 最大積載質量:5kgです。

三脚と雲台を合わせて重量約1.5kgと非常に軽く、ストラップで肩に担いだ時の重量感が今までと比べはるかに違います!

PENTAX K10D + DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_12112162.jpg




持ち運びはこのように肩がけのストラップを使用。
ジッツオ専用のストラップもありますが4,000円ちょっとと少し高価なため、今まで使用していたマンフロットのストラップを流用する事にしました。

マンフロットのストラップは、三脚上部に金属のフックが取り付けられるためこのような形状になっていますが、ジッツオではそのフックがないため別の用途に使用していた細引きを使って引っ掛けています。

尚、電車等人ごみの中では雲台にネジ部などあり危ないので、レンズポーチ等のクッション材を雲台に被せるようにしています。

一番太い一段目の脚の太さは24mmで見ての通り細いのですが、そこはジッツオのカーボン三脚、3段伸ばしきって荷重をかけてもたわむことなくしっかりとしています。

e0110874_12224413.jpg

軽いというのは持ち運びには便利なものの、どっしりとおきたい三脚としてはデメリットでもあるので、このようにセンターポール下部に内蔵されているフックを使用してバッグなどをかけて安定性を高める事ができます。
使用しないときは自動的に引っ張られセンターポールに着くようになっているので、とても便利です。
こんな小さなものでも、最大18kgまで掛けられるというのがちょっと驚き。

ちなみに小ネタですが、今まで使っていたマンフロットの三脚(190B)には、後付けでフックをセンターポール下部につけるオプションもなく、ストーンバッグを別途購入したりつけたりするのも面倒なので、とても安上がりにできるこんなものを使っていました。

e0110874_12304980.jpg

先ほどの細引きとカラビナ。
細引きもカラビナもアウトドアショップ等で売っていますが、数百円で出来て軽くて嵩張らないのでお勧めです。

ちなみにローアングル時にはこんな感じになります。
e0110874_1258491.jpg

この状態がカタログ数値の34cmなのですが、GT1530にはグラウンドレベルセットといって、センターポールをはずしてアッパーディスクを三脚の上端部に直接取り付ける事ができます。
工具なども必要なく簡単にできるのですが、センターポールを外してさらにもう一段脚を開くとこんな感じになります。
e0110874_132923.jpg

実測11cm。ローアングル時の最低高の表記がなぜ34cmになっているのか?です。

実際に使用する機会があるかどうかはわかりませんが、さらにセンターポールを逆付けしてこんな事もできます。
e0110874_1331981.jpg


さて、三脚の方は自宅で試している時から堅牢さ使い勝手の良さは感じていましたが、自由雲台のSL-50ZSCについては実際に撮影するにつけその素晴らしさをより実感する事となりました。

これまではその利便性からずっとクイックシューを使用していたのですが、この雲台はクイックシュータイブではなく、カメラ台下部にあるカメラネジ締め付けホイールを回転させて装着します。

今までこれが面倒だと思ってクイックシューを使用していたのですが、この梅本の自由雲台に関して言えば大き目のネジが独立してあり、非常に着脱がスムーズでストレスがありません。

そしてカメラを着けてファインダーを覗きながらフレーミングをする際ですが、ボールの動きが非常に滑らか!
今まで使用していたマンフロットの自由雲台(352RC)でも、動き自体滑らかなはずなのですが確実に何かが違います。
自由雲台にありがちなフレーミングの時に思った以上に動いてしまうという事もなく、微妙な位置合わせが気持ちがいいくらいに決まります。

そして締め付けの丸型ノブの使い心地も非常によく、微妙な力加減を伝える事が出来、締めつける時も小さな力ですっと確実に止まります。
ブレに対する剛性についても、感覚としても全く不安はありません。

という事で、三脚、雲台ともにとても満足のいく商品であり、今後の撮影の際に重宝されること間違いないでしょう。
e0110874_13321098.jpg

[PR]

by kibunwatabibito | 2010-01-31 13:32 | カメラ関連 | Comments(8)
Commented by initial_f3 at 2010-01-31 19:56
肩掛け用のストラップなんてあるんですか!!!
初めて知りましたf^^;

三脚も使い勝手が良さそうで^^
Commented by kibunwatabibito at 2010-01-31 21:54
initial_f3 さん
肩掛けストラップは、三脚を持って歩く事が多いのでとても便利ですよ!
ちょっとした移動でも手に持って歩かなくて済みますし、ケースだと出し入れが面倒ですからね~。
Commented by Fujiko at 2010-01-31 23:11 x
私もいま、三脚・雲台の購入を検討中です。
やっぱり三脚はジッツオですかね~。

それにしても、バレリーナのように脚が開いているのにはビックリ!
すごいですね☆

参考にさせていただきます!
ありがとうございます。
Commented by wanzoproject at 2010-02-01 04:03
早速の使いこなし流石ですね♪
Commented by kibunwatabibito at 2010-02-01 21:23
Fujiko さん
ジッツオ、物がいいのは確かなんですけど、値段が値段ですからねぇ。
自分も普通の価格であったら、手は出せなかったです^^;
Commented by kibunwatabibito at 2010-02-01 21:24
wanzo さん
WEB上で探しても中々この三脚の事は出てこないので、一応レビューしてみました^^
Commented by sorelax at 2010-02-02 08:13 x
ジッツオかっこいいですねー。
自由雲台も使い勝手がよさそうで、ひかれてしまいます。
以前、買う決心がつきましたとコメントさせていただいたんですが
DA★50-135mmはとても良かったです。
ありがとうございました。
リンク張らせていただきたかったんですがよろしいでしょうか?
Commented by kibunwatabibito at 2010-02-02 22:19
sorelax さん
DA★50-135mm購入おめでとうございます~。
自分もお気に入りの良いレンズですので、良い写真をたくさんとって行きましょう!
リンクもありがとうございます!こちらからもリンクさせてもらいましたね。


<< 小石川後楽園の梅      竹芝桟橋へ再び >>