2009年 12月 11日

wAds2009 presents 写真展&cafe

今日はとある写真展に出かけてきました。

その写真展というのは、wAds(World AIDS Day Series:ワッズ)と呼ばれる日ごろHIVやエイズの予防啓発活動に取り組む全国の若者が、世界エイズデー(12月1日)に合わせて、一体となって展開するHIVやエイズの全国意識喚起キャンペーンを行っており、その一環として『日常にあふれる愛を見つけてみよう』というテーマのもと写真を公募して開催されたものです。

きっかけは先月のAOZORA写真展にこの活動を牽引している方が見えて、その際にAOZORAの代表にこういう活動をしているという話をしていて繋がりができたようです。

今回写真展をするにあたって、AOZORAのメンバーからもこの写真展に写真を是非応募してもらいたいというメールをもらいました。
写真のテーマは 「自分」「人との繋がり」「愛」というもので、趣旨に合った写真があるか少し悩みましたが、自分も微力ながら何枚か写真を応募させてもらいました。

さて、ここでこうやって書いているのは写真繋がりという事もありますが、この活動の趣旨でもあるHIVとは何か、AIDSとは何か、日常ではこういう問題に触れる機会も考える機会も中々ありませんが、それを少しでも多くの人に知ってもらい「日本のHIV/エイズをめぐる現状を、若者から変えていくこと」をミッションとして彼らが活動しているから。
このブログを通してそれに微力ながらでも協力できればと思って書いてみました。



実際今日集まっている人たち、この活動に取り組んでいる人たちは学生が主で、自分よりも一回りも下の人ばかりです。
そんな若い人たちがこうやって真摯に問題に取り組み、活動していこうと頑張っている様をみていて刺激をもらいました。

今回この写真展を企画し、誘ってくれた方は、写真展をするのも初めてだし何をどう進めて良いのか色々戸惑いもあったようですが、それでも一生懸命やっているというのがよく伝わってきました。
AOZORA代表もAOZORA写真展を始めた頃の自分を思いださせられ、なんとか協力してあげたいと手を貸してあげていたようです。

HIV/AIDSという言葉から偏見を抱いたり、正しい知識を持たない事が原因で感染が広がったりもしています。

~~~~~~~~~
日本では、1日4人以上の方が、HIVに新規感染もしくはエイズを発症しています。HIV施策が進んでいる他の先進国では、HIVに感染した人が見つかる数は年々減ってきていますが、日本は先進国で唯一、年間の新規HIV感染者・エイズ患者が増加傾向にあります。
~~~~~~~~~
==wAds HPより引用==

貴方は知っていましたか?
自分を守るため、大切な家族、恋人、友人を守るため、知っておいて損はありませんので良かったら目を通してみてください。

HIV・エイズについて
http://www.wadsjapan.net/hivinfo.php


さて、おまけではありますが写真展ではこんな素敵なものを頂いてしまいました。
e0110874_0374556.jpg

その場で書き込んだためでしょう、名前はちょっと間違っていますが(笑)、手書きで暖かみのある素敵な賞状をありがとうございました。

そんな素敵な賞を頂いた写真、一応載せておきます。

PENTAX K10D+DA★ 50-135mm F2.8
e0110874_0475824.jpg
- 幸せの散歩道 -
[PR]

by kibunwatabibito | 2009-12-11 23:59 | 日常 | Comments(4)
Commented by さっきー at 2009-12-12 23:04 x
昨日はお疲れ様でした。
1位おめでとうございます。
素敵な写真です。
Commented by kibunwatabibito at 2009-12-13 00:09
さっきー さん
ありがとう~。
まさかこの写真を選んでもらえるとは思っていなかったけど、この写真見て共感してもらえる人がいて嬉しいものです。
Commented by initial_f3 at 2009-12-13 10:09
おめでとうございます!
心温まる写真ですね。

↓↑の多重露光は僕も興味あるけど未経験。
とりあえずカメラ側でやってみたいなぁと^^
Commented by kibunwatabibito at 2009-12-13 21:34
initial_f3 さん
ありがとうございます~。
多重露光、この時期はイルミネーションとか撮ったら面白いかもですよね。
自分も機会あれば試して見たいと思います!


<< PCで編集する多重露出について      多重露出でモミジを撮る >>