気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 03日

写真とPC環境について

このブログ、もともと撮った写真を載せていく為に(開設当初は、NZを旅していた時の写真を載せるのがメインで)作ったものなので、これまで撮影の際には随時更新していったもののここのところ滞っているので、こんなタイトルのような記事を書いてみます。

というのも、つい先日PCを買い換えました。
買い換えたといっても、注文しただけでまだ届いていません。

今現在使用しているのは、3~4年前に組み立てた自作PC。
自作といっても自分はHDDやメモリ増設、BIOS設定くらいの簡単な事はできますが、一から組み立てるだけの知識も情熱(?)もありませんので、自分がパーツだけ買ってきて兄が組み立てたものです。

当時は快適に使用していたものの、最近カメラをK-7に変えてデータ容量も大きくなり、画像編集はそれほど苦にならないものの、撮った写真をプレビューして取捨選択するのに時間がかかったりと、色々ストレスが溜まっていました。
ちなみに現在のPCは、CPUはAMD Athlon 64 3000+、メモリは2G積んでいます。

そこでWindows7も出たことだし、新しくするかと購入するにいたったわけです。

今回購入したのは、サイコムというBTO(Build to Order)パソコンの販売サイトを利用しました。
ポイントは選べるパーツが豊富で、より自分好みのPCを作ることができるからです。

ちなみに構成した主なパーツなど下記の通りです。

CPU : Intel Corei5-750
MOTHER : ASUS P7P55D
MEMORY : 8GB
HDD : WD1001FALS[1TB 7200rpm 32MB S-ATA2]
VGA : GeForce8400GS
OS : Microsoft(R) Windows7 Professional(64bit)DSP版

グラフィックボードは廉価品ですが、ゲームはやらないのでたぶんこれで十分でしょう。
CPUはCore i7 860にするかどうか悩みましたが、そこまでの性能は必要ないだろうと思い、メモリの方にお金をふりました。
64bit OSと8Gメモリで、今後は快適な画像編集ができるでしょう(オーバースペック?(笑))

PCに興味ない人、マニアックな話でごめんなさい。


さて、ここからPC上での写真編集についての現在の環境を。




ここ最近は撮影の際には、RAW+JPEGで撮るのを基本にしています。
RAWで撮るのは後でPC上で画像を扱う際にホワイトバランス(WB)を変更したり、露出補正をした際に少しでも画像劣化を抑えるためです。
SDカードやHDDが時が経つに連れ容量も増え安くなっている事もあり、それほどデータサイズを気にする必要もなくなってきました。

まず撮影した後に家に帰って画像をPCで見るわけですが、似たようなカットでも露出を変えたり、ピント位置を変えたり、構図を変えたりで複数の写真を撮ることがあるので、ざ~っといる写真、いらない写真をここで取捨選択していきます。
いらない写真はとっておいても容量を食うばかりでほとんど見返すこともなく、写真ばかり増えてもあとで整理しづらくなるので捨てていきます。
この作業が今のPCでは画像を読む込むのに時間がかかってしまい、ストレスとなるのです。

その日撮影した写真をこうやっていらない写真を削除したら、今度は良さそうな写真をピックアップして一枚ずつRAW現像していきます。
RAW現像に使っているのは、PENTAXの純正ソフト「Digital Camera Utility 4」です。
このソフトは、Silkypix Pro4をベースにしているようなのですが、あまり評判も芳しくないソフトでもあります。(まぁ、フリーなのでこんなものでしょう。)
使い勝手がそれほどよいというわけでもなく、動作も重たいのですが、自分はあまりRAW現像で細かいところまで追い込むような事もしないので、そのまま使用しているというところです。

現像に際していじるところといえば、WB、カスタムイメージ、露出でしょうか。
WBについては撮影時は大抵太陽光で撮っているので、状況によってここで曇天にしたり、自分で色温度指定したりしています。
カスタムイメージについては各社色々でしょうが、PENTAX独自の「雅(MIYABI)」とか「ほのか」などあり、大抵「鮮やか」か「雅」を選んでいます。
そして露出を少し調整したければ、ここで全体の明るさを決めてしまい、最終的にTIFFにして保存します。

TIFFで保存したのは、その後Photoshop Elements 4.0(PSE)に引き継ぐ際にJPEGでの圧縮による劣化を少しでも防ぐ為です。
RAW現像されたTIFFファイルを今度は、PSEで開いて最終的な微調整をします。
PSEでする事といえば、ヒストグラムを見ながらレベル補正で明るさ、コントラストの調整くらいでしょうか。

以前はイメージセンサについたゴミとりなどもたまにしていましたが、K-7にしてからダストリダクションの効果が抜群で、これまで頻繁に屋外でレンズ交換をしてもゴミがついた試しがありません。

あと必要であればトリミングなども行います。

ここまでざっと流れを書きましたが、これら全てを各写真にしているというわけでもなく、必要なければRAW現像をせずそのままJPEG画像を扱いますし、何も手をつけないということもありえます。


WEBに載せる際にはリサイズを当然するのですが、もう一つ重要なのが色空間を変えること。
通常デジタルカメラではAdobe RGBとsRGBに2種類の色空間を選ぶ事ができるようになっていると思いますが、自分はAdobe RGBで保存している為、WEBに載せる際にはsRGBに変換してあげています。

画像編集にもう一つ重要なのが、ディスプレイ。
今自分が使用している液晶モニターは、NEC MultiSync LCD2690WUXiというモデルで、Adobe RGBのもつ色を正確に再現できるディスプレイとの事です。
デジタルカメラで写真を撮っていると、とかくカメラ本体、レンズ等にお金を回したくなりがちですが、実際撮った写真を見るのはまずこの液晶モニターで、ここできちんと表示することのできないディスプレイでむやみにレタッチをしてしまうと、正しくない情報だったり本来見えていない色を前提に調整してしまっていたりという事にもなりかねません。

画面で見た写真とプリントした写真の色が違うというのも、良くある話です。

本来であればきちんとカラーマネージメントを理解した上で、ハードウェア・キャリブレーションをするのが理想ですが、このディスプレイを使用してからプリントした写真との色の違いにそれほど悩まされていないので、そのまま使ってしまっています。

・・・と書き始めたら、つらつらと長文になってしまいました。

興味ない人にとってはつまらない話でしょうけど、普通他の人は撮った写真をどう整理、編集してるんだろう?と思っても中々こんな話することもないので、興味半分に書いてみました。
[PR]

by kibunwatabibito | 2009-12-03 21:24 | カメラ関連 | Comments(10)
Commented by initial_f3 at 2009-12-04 00:14
モニタとプリントの差がないってのいいですね...
僕は違いに悩まされています(涙)

たまにはこういう話題楽しいと思います!
Commented by harahachi at 2009-12-04 00:31
自分も同じような環境で作業してますよ~
でも、なにせモニターがしょっぱいので
カラーマネジメントには、まだまだ時間がかかりそうな感じです
Commented by leoism at 2009-12-04 01:19
うちはiMac24"で、Photoshop CS4でブログ用画像仕上げてますが、液晶は中の中レベルなので、どれくらい精度がいいか、わかりません。
家プリントするようになったらカリブレートする感じの液晶にしようと思います。
Commented by Fujiko at 2009-12-04 18:27 x
ちょうど、調べなくては・・・と思っていたお話でしたので、
大変勉強になりました!

後回しにしていましたが、PCのことはもっと勉強しなくては、
と思っております。
Commented by kibunwatabibito at 2009-12-05 00:44
initial_f3 さん
自分もこのモニタを購入する前は、結構違いに戸惑ったりもしましたが、プリントが最終的な写真の出力手段と考えると、やっぱり安心感あります。

こういう話題も好きな人は好きですよね~(笑)
Commented by kibunwatabibito at 2009-12-05 00:46
harahachi さん
一度OSをクリーンインストールしたら、少しは軽くなるかな?と思いつつ、いつかはPC買い換えるわけだし頃合かと思い購入に踏みきりました。
カラーマネージメントは奥が深いよねぇ。
Commented by kibunwatabibito at 2009-12-05 00:57
Leo さん
カラーマネージメントの事を考えると、Macがやっぱりいいんですよねぇ。
Windowsは7になってもその辺いまいちで、IEではサポートされておらず、きちんとカラーマネージメントを読み込むには、FireFoxやSafariなどのWEBブラウザを使わざるをえません。
悩ましいところです。。。
Commented by kibunwatabibito at 2009-12-05 00:58
Fujiko さん
こんなんで役に立ちましたでしょうか?
デジタルになってから、画像をPC上で扱うのは、フィルムのときにネガ(ポジ)から紙焼きする部分を自分でするようなものなので、やっぱり覚えておいて損はないと思いますよ~。
Commented by sakky at 2009-12-05 02:25 x
PCは出来たものを選ぶものだと思っていたので、
>組み立てた自作PC
と文頭で見た時点から「???」でしたが、
やっぱり読んでいて「?????」でした。…機械音痴な私です。

でも、最後までしっかり読んでいた私です'';
Commented by kibunwatabibito at 2009-12-05 11:19
sakky さん
今回の話はPCに興味があって、またPCで写真編集する人じゃないと「????」な話ですよ。
最後まで良く読んで頂けましたね(笑)


<< 皇居東御苑の紅葉      フォトコンテスト >>