気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 28日

フォトコンテスト

ちょうど一月前に書いた高円寺阿波踊りフォトコンテストの件、またもや友人からメールが届きました。

「写真コンテストで受賞した一連の関連の賞状と楯が送られてきた。賞金は1万円あるんだけど、賞状と楯を渡すついでにこれ使って飲みにいかない?」

えっ、そんなのあったんだ・・・

自分は友人任せに何にもしていなかったので気にしていませんでしたが、とくに副賞などについてはどこにも記載していなかったので何にもないものとばかり思っていたのですが、またもや棚からぼたもち気分です。

という事で、今日(日付は変わって昨日)はその友人と飲みに行ってきました。

この友人は自分が新卒で入った会社(会社というのは正しくないですが)で、新規採用研修で2週間同じ屋根の下勉強した(飲み歩いた)内の1人で、そのときの同期もう1人を誘って飲みにいきました。

3人が揃うのはNZから帰ってきて飲みに行って以来なので、もう5年ぶりにもなります。
久々に楽しい時間を過ごしました。

ちなみに頂いた楯と賞状はこんなのです。



e0110874_0463786.jpg


さて、飲みに行く前仕事帰りに一度家によってポストを開けてみたところ、中央区観光協会より封書が届いていました。

自分が応募したわけではないのですが、高円寺阿波踊りのフォトコンテストで送った写真が入賞した事がきっかけで、そんなこともあるんだなぁと思っていたところ、ちょうど自分が住む中央区でもフォトコンテストをしているのを知りました。

地元とは言え中央区に限定されるとこの一年で撮った写真もそれほどないのですが、とりあえず3枚ほどプリントして応募してみました。
ちょうどAOZORA写真展の直前という事もあり、普段あまり使わないプリンターを使っていたのもきっかけではあります^^;

そして届いていた手紙の封を開けてみると・・・、入賞していたようです。

このフォトコンテスト、各賞から入選まで50点くらいあるので一体なんの賞なのかはさっぱりですが、とりあえずはそのお知らせと三越日本橋店で行われる表彰式の出席の可否、作品展のお知らせのようです。

う~ん、こういうことは続くものなんですねぇ。
そういえば昨日またPIXTAにて、NZで撮ったバイクの写真が雑誌広告として3,000円でお買い上げ頂いていました。

一応中央区で地元ということもあって親にフォトコンテストに入選だってって話したら、「写真も趣味程度にしておきなさいよ」と言われました。
「写真を仕事にしようなんて思わないでね」と。

まさか自分でも写真で生計立てるなんて事は思ったこともありませんし、そうしようと思っても色んな意味で難しい事は分かっているので、そんな気は無いよといっておきました。

言われて気がつきましたが、心配するのも無理ありません。
過去に30歳目前にして、ただ旅がしたいと理由で公務員という安定した職を放棄してぷらっと外国へ行ってしまった前科がありますから(笑)
[PR]

by kibunwatabibito | 2009-11-28 01:10 | カメラ関連 | Comments(16)
Commented by きくりん at 2009-11-28 08:12 x
入賞おめでとうございます。
さすが続きますね。すごい!

しかしすごく立派な楯なのですね!
初めて見ました。
Commented by sakky at 2009-11-28 10:22 x
本当にコロコロと続きますね。おめでとうございます!
載っている写真ですが、Toshiさんの撮影姿が、
反射で映っているのに目が行って仕方ありません(笑)

Toshiさんにもそんな過去があったのですね。
私の姉も、同じような事をしようとして、
親や親戚から大反対を受けていたので、状況が分かる気がします。
…その反面、次女の私は、やりたい放題ですが^_^;
Commented by kibunwatabibito at 2009-11-29 00:18
きくりん さん
ありがとうございます~。
この楯、最初見たときこんな立派なのくれるんだぁと、ちょっとびっくりしました。
まぁ、でももらったはいいが楯なんて置いて置く場所ないんですよね^^;
Commented by kibunwatabibito at 2009-11-29 00:23
sakkky さん
ありがとうございます~。
仕事辞めた時は家族はもちろん、友人も無謀だという人もいましたが、運が良いのか帰国後なんとか職にありつけています^^;
Commented by Fujiko at 2009-11-29 00:50 x
賞状と楯と賞金!
すごいですね~♪
改めておめでとうございます(^0^)

実は、ワタクシ杉並区出身であります。
私も挑戦してみようかなぁ~(^^)

それにしても、前科だなんて・・・
自分でいろいろ決めながら、しっかり生きていらっしゃる印象です。
確かに周りはヒヤヒヤかもしれませんけど(^^;
なんだかいろいろお話聞いてみたいです。
Commented by zep at 2009-11-29 08:34 x
おめでとうございますo(^ー^)o☆o(^ー^)o
NZのBMW写真もカッコイイですよねぇ♪
Commented by kibunwatabibito at 2009-11-29 21:28
Fujiko さん
ありがとうございます~。
杉並区出身なんですねぇ。
結構この機に杉並区に住んでるとか、出身とか言う人をたくさん知りました^^
Commented by kibunwatabibito at 2009-11-29 21:29
zep さん
ありがとうございます~。
このNZへバイクでツーリングしたのが、海外行くようになったきっかけです。
F650GSもいいバイクだったなぁ。
Commented by initial_f3 at 2009-11-29 21:54
おめでとうございます!
それ以上に公務員を放棄した事がインパクトデカイです!
Commented by TM at 2009-11-30 12:53 x
入賞おめでとうございます!!!
いつも旅人さんの写真をみては、モニター前で癒されています♪
バイクの写真が、雑誌広告として使われるなんて!
なんの雑誌に載るんですかね~?わくわくですね♪!!
Commented by kibunwatabibito at 2009-11-30 20:03
initial_f3 さん
ありがとうございます~。
30歳にして公務員が再就職って、やっぱり大変なのかもしれないです。
なんせ他の仕事に活かせる職歴という物が、ほとんどないですからねぇ^^;
Commented by kibunwatabibito at 2009-11-30 20:04
TM さん
ありがとうございます~。
バイクの写真、どういう形で使われるのか気になるところですよねぇ。
もし見かけたらご一報ください(笑)
Commented by あけ at 2009-12-01 00:43 x
悪の道に誘うわけではないですが、プロをめざしてもいいのでは?
私は小学校の頃から絵を描く仕事をしたくて、その道に進み、商業デザイナーになりました。結婚と同時にすっかり足を洗い、十数年たち、今は子育てを満喫していますが、今後、描きたくなったり、別のやりたい事ができたら、プロを目指すつもりです。何歳になろうと、したい事はするし、できれば、それにより報酬も得たいです。その努力は私の生きる糧の一つです。
あなたの写真はとっても素敵きだから、もっと広い世界で活躍してほしいです。
Commented by kibunwatabibito at 2009-12-01 23:15
あけ さん
ご助言、嬉しいお言葉ありがとうございます。
僕の撮りたい写真というのはご存知の通り風景(自然)写真で、風景写真家として生計を立てるのはただ写真を撮る技術、センスがあればいいというわけでは無いという事をプロの写真家の方々と接して感じています。
大抵において、雑誌への寄稿、写真教室やセミナーなどで文章構成力や物事を教える上手さ、他の人が撮ったいかなる写真でも評価できる目を持つ必要があると思います。
自分で撮るのは好きですけど、色んな趣向性のある写真の世界で他の方の撮る写真の評価って自分はできないんですよねぇ。

またそれを生業にしてしまうと、写真を撮る事を楽しめなくなってしまいそうです^^;
現状では写真で収入を得ようという感覚もあまりピンとこず、購入して頂ける機会があるのであればAOZORAでの活動のように、そこで社会貢献に繋がればいいのかなというくらいの感じです。

でもアドバイス頂いたとおり、もっと広い視野で見据え活動の範囲を広げていければいいなと考えています!
Commented by あけ at 2009-12-02 00:25 x
確かに、プロになると自分の主張を通せないもどかしさや、自分のセンスの底を感じたりと、かなりストレスを受けるし、楽しめないのも事実ですね・・・・。
生意気に、よけいな物言いをしてしまってすみませんでした。m(__)m

でも、時々観たくなる素敵な写真であるのは事実です。








Commented by kibunwatabibito at 2009-12-02 22:39
あけ さん
いやいや、余計な事なんてとんでもない。
ありがたいお言葉頂きありがとうございました。
自分の写真でこうやって感想を言ってもらえるのは、嬉しいことです^^


<< 写真とPC環境について      産経新聞主催「フォトウォーク ... >>