気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 03日

ユーコン川を下る・・・(7)

到着した2日目のキャンプ場、グレーリングが釣れるポイントという事で2年前にも上陸しており、ここでしばし釣りを楽しんだのであった。
今回もテントをたて夕食までの間は自由時間なので(といっても24時間自由時間なのだが)、フィッシングライセンスを購入したボス、らぐじ~さん、かよちゃんは早速釣りをし始める。

今回フィッシングライセンスを購入しなかった自分は、小さいながらも奥へと続く深い森の中へ散策しにいく。
このあたりは非常に空気が乾燥しているのにもかかわらず、森は厚いコケに覆われ深くも美しい緑の世界を創り上げている。

こういう場所にいくとよくいる小鳥の類はこのあたりではあまり見られないため、しんと静まり返った世界に音は無く、時折リスが警戒音を発して鳴く音が聞こえるのみだ。

PENTAX K-7+DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_20351359.jpg




e0110874_20352818.jpg


釣り組みはというと、最初のヒットはかよちゃん。ビギナーズラックとはいえお株を奪われたボスは、その後本領発揮できれいな体躯をしたグレーリング(カワヒメマス)を数匹吊り上げていくのだった。
e0110874_2033323.jpg


釣りを楽しんだ後は、もちろん釣った魚はホイル焼きに。
夕食と魚が焼きあがるのを待ちながら皆は川で冷やしたビールを、自分はウイスキーを手に徐々に落ちていく日がやわらかく黄金色に差し込み、あたりをきらきらと輝かせていく様を楽しみながら過ごす。
e0110874_2055497.jpg


夕食後しばらく焚き火にあたりながら今日もオーロラが出るのを期待して暗くなるのを待とうとしていたが、さすがに昨晩遅くまで起きていて眠いので、1~2時間仮眠しておこうとテントに入る。

0時にもう一度起きて戻ると、多少雲は出ているものの星空も見える。
それでもやはり明るい月が出ているので、星の数はずっと少ない。
e0110874_20442892.jpg


しばらく待っては見たものの残念ながらオーロラは出てくれなかったので、今日も諦めて就寝。
さて寝ようかと寝床へ戻ると、そこには月明かりに照らされたテントが静かに佇んでいた。
e0110874_20484880.jpg



・・・(8)へ続く。
[PR]

by kibunwatabibito | 2009-10-03 20:50 | ユーコン川 '09 | Comments(4)
Commented by sakky at 2009-10-03 23:55 x
お仕事、少し落ち着きましたか?
次々と日記が見られて嬉しいです(笑)

素朴な質問をさせて頂きますが、森の中は
どれほどの虫たちがいるのですか?
私は「カナダの蚊」アレルギーなので、刺され物に弱いので、
ちょっと気になってみました。

それにしても、最後の写真、
ものすごく素敵な空ですが、どうなっているのですか?
Commented by らぐじ~ at 2009-10-04 13:41 x
残念ながら、月明かりのもと、静かに佇んでいるように見えるテントの中には、私が転がっています…。
Commented by kibunwatabibito at 2009-10-04 17:28
sakky さん
仕事は一頃に比べれば、ようやく少しは落ち着いてきました^^;

この場所ですが、やはり北の地特有で夏場は蚊がすごいらしいです。
ただ、自分達が来る9月頃になると、だいぶ気温も下がる為ほとんど蚊はいなくなりますねぇ。
でも最初の1~2日は小バエが食事時すごかったですけど。。。
でも刺されることはないので、気にせずにいましたけどね。

最後の写真は、60秒くらいシャッターを開けていますので、その間雲は動いておりああいう形に写るんです。
星を撮るのに雲は邪魔ですけど、状況によっては面白い写真を撮る事もできますね。
Commented by kibunwatabibito at 2009-10-04 17:37
らぐじ~ さん
そうそう、このテントの中にはらぐじ~さんが寝ているんだよなぁと思いながら、写真撮ってました^^;
もしソロテントだったら、テントの中に明かりをつけて撮ったら面白いかなぁとも思いましたが、さすがに中に人が寝ているので今回は自重しました^^;


<< ユーコン川を下る・・・(8)      ユーコン川を下る・・・(6) >>