気分は放浪記

tramping.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 03日

ユーコン川を下る・・・(6)

約2時間程ボートに揺られようやく到着したのがLower Laberge。
2年前はホワイトホースからここまで水上飛行機でひとっ飛びだったのだが、ようやくここからユーコン160kmの川旅のスタートとなるわけだ。

レイクラバージュから再び流れ出すユーコン川は,フータリンカでテスリン川と合流するまでの間、その長さから30 Mile Riverと呼ばれており、この区間は3,700kmにも及ぶユーコン川の中でも最も美しい景観を有すると言われている.

川の水は少し緑がかった色をしており、どこまでも澄んだ水は10m近くはあるだろう川底をはっきりと見ることができる。

PENTAX K-7+DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_10524350.jpg




DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_10531574.jpg


朝方は曇りがちだった空も、太陽が差し込むようになり流れだしから気持ちのよい川下りとなる。

途中川岸にはビーバーがこしらえた住処なども見かけた。

DA★ 16-50mm F2.8
e0110874_10561137.jpg

e0110874_10562619.jpg

これだけの木を鋭利に削ってしまうんだから、たいしたものだ。

DA 55-300mm F4-5.8ED
e0110874_10573527.jpg

e0110874_10574664.jpg

初日はほんの肩慣らしという感じで、U.S. Bendと呼ばれる大きく弧を描く曲がり道を抜け、その先に現れる小島が本日のキャンプ地だ。


・・・(7)へ続く。
[PR]

by kibunwatabibito | 2009-10-03 11:04 | ユーコン川 '09 | Comments(4)
Commented by パッセイオ at 2009-10-03 12:22 x
いや~、懐かしいです。
しかし、カメラと腕で、これだけ描写が変わるとは......

すごい!!!
Commented by kibunwatabibito at 2009-10-03 20:24
パッセイオ さん
このあたりはどこもこんな感じなので、見覚えのある風景でしょうねぇ。
特別何かがあるわけでもないのですけど、やっぱり特別な場所なんですよね~。
Commented by sakky at 2009-10-03 23:51 x
ビーバーは、こんな大きな、しかも水辺に住居を作るのですね。
驚きました。
そして、この写真から、どれだけ水が澄んでいるかが分かりました。
これだけ大きい川の水が、こんなにキレイだとは…
Commented by kibunwatabibito at 2009-10-04 17:22
sakky さん
ビーバーはもっと細い水路なんかだと、流れを堰き止めるかのようにビーバーダムを作ってしまうので、同じくカナダのアルゴンキン州立公園という場所でカヌーをしたときは、何度もビーバーダムをカヌーから降りて乗り越えていったものでした^^;

川の水は、岸から見ている分には分からないのですが、水上にいると本当に透き通っていてちょっとびっくりするくらいですよ。


<< ユーコン川を下る・・・(7)      ユーコン川を下る・・・(5) >>